2012年競馬の総決算、有馬記念は1・2番人気馬が出遅れる波乱のスタート。
ゴールドシップは発送後ダッシュが着かず5〜6馬身差をつけられる。
もっと深刻なのがルーラーシップ。ゲートが開いた瞬間に
鞍上を振り落とさんばかりの立ち上がり。絶望的とも言える発馬の失敗。

レースは同じ勝負服のアーネストリーとビートブラックが引っ張り、
1000mを推定1:00.5のラップで通過。
やや早めといえるペースに出遅れた2頭は救われる形となる。

向こう正面を過ぎた残り800mからゴールドシップが菊花賞で見せた大まくりを始める。
競走馬のピラミッドの頂点まで勝ち上がってきた猛者たち相手に常識破りの戦法。
この乱暴な戦い方ができるのも前走で結果を残した故。
大一番で見せたパフォーマンスは驚愕、3角から追い通し、
最後の中山急坂で更にギアチェンジをするスタミナを残している圧巻の一言。

ほぼ完璧といえる競馬を見せた先行抜け出しのエイシンフラッシュを
並ぶ間もなくかわし、後続に影も踏ませぬ圧勝劇を見せつけたゴールドシップ。
最強馬オルフェーヴル、女傑ジェンティルドンナとの覇権争いに見事割り込んで見せた。

パフォーマンスから言えば、今日の勝利は「ベストレース」と認められる衝撃的なもの。
ジャパンカップでのオルフェーヴルvsジェンティルドンナのぶつかり合いにも負けない印象を残した。
ステイゴールド×メジロマックイーンの黄金血統は存在することを高らかに証明した。
しかし、派手な勝ちっぷりとは裏はらに、今後大きなタイトルを狙うに当たり
スタートダッシュという基本的な課題を残したとも言える。

スタートダッシュが着かず、5馬身以上も出遅れていては、いつ足元を掬われても不思議ない。
ましてや、日本競馬悲願のビックタイトル凱旋門賞を狙うのなら、
はっきりとしたウィークポイントは矯正しておきたいところ。

そう言った意味で、ルーラーシップはGⅠレースに出走が許さない致命傷。
今後ゲート再検査が課されることが決定した報道も見られるが、
レースを経験するたびに出遅れグセは悪化する一方。
いつもながらの光景とはいえ、晴れの有馬記念でのスタート直後の失態。
スタンドからは悲鳴ともつかない歓声が上がるレースを繰り返すことは
ファンにとっての背信行為とも言える大罪。

数々の勲章を手にしてきた角居調教師の手腕をもってしても治すことが
叶わないのであれば、競走馬として欠陥の烙印を押されても致し方ない。
このような醜態が繰り返されると日本競馬のレベルする疑われてしまう。
お金で血統を集めるだけで調教技術は2流3流と嘲笑されかねない。

絶望的な出遅れから3着に食い込む能力は誰もが認めるところ。
血統的にも母エアグルーヴとその人気は不動のものと言える。
絶望的な出遅れグセも特徴の一つとして許容されるには勝利するほかない。

ゲートで立ち上がり、10馬身以上の出遅れで3着どまりでは、投票したファンは堪らない。
次走は進退をかけたゲートといえよう。名門厩舎の仕事に期待したい。

関東馬期待のルルーシュは8着どまり。
先行集団で3番手に付ける絶好のポジションも最後の急坂で脚が止まる。
まだまだ、一流馬相手には力を出しきれない印象。
今日の有馬記念がGⅠ初挑戦。
今後ステップレースから力を付けて大舞台で結果が残せるよう期待したい。

今後の注目はサラブレットとしては一癖も二癖もある黄金血統と
抜群の安定感を見せるディープインパクト産駒の覇権争い。
次の世代へと駒を進めることとなる。

ダービー馬を輩出し、種牡馬として揺るぎない地位を手にしたものの、
牡馬中距離線ではいまひとつ印象が薄いディープ産駒の爆発にも期待したいところ。

2歳陣では、シンボリクリスエス×シーザリオの超良血エピファネイアが
出世レースラジオNIKKEI杯2歳Sを制し、世代トップに躍り出た。
それに対し、朝日FSで、ちぐはぐさを見せたキングカメハメハ産駒コディーノの挽回できるか。
ディープ産駒の期待馬キズナはNIKKEI杯2歳S3着からの巻き返しを見せたい。

未勝利戦を脱出してばかりの黄金血統オルフェの全弟リヤンドファミユの今後の成長にも期待。
東京スポーツ杯2歳Sで鬼脚2着に食い込んだ外国産馬レッドレイヴンも新風を巻き起こせるか。
来年もクラシック戦線を賑わせる有力馬たちの動向に注目していきたい。
7番人気の伏兵ロゴタイプが見事、朝日杯フューチュリティステークスを制する。
去年のアルフレードに続き、関東馬の勝利。
そのアルフレードが記録したレースレコードと並ぶ1:33.4でのゴール。
マイル戦線の主役候補に名乗りを上げるには十分な走破タイムを記録。
父ローエングリンとマイル適性が見込まれ、来春のクラシック戦線を進むのか、注目したい。

一方、圧倒的一番人気に押されたコディーノは、タイム差なしクビ差負けで2着に沈む。
道中での折り合いを欠いたことが、最後の中山急坂で脚が止まる原因となってしまった。

単勝1.3倍とファンの支持を集めたことが、鞍上横山典弘騎手のペース判断に誤差を与えたか。
ラップタイムはスタートから3Fを33.9秒とハイペース。
4〜5番手と絶好のポジションをキープするも、閉じ込まれるのを嫌ったのか、
馬込みから外側に位置取りを変える。

しかし、この判断が完全に裏目に出た形。
抜群の操作性を武器とするコディーノが騎手の指示に過剰反応を示す。
スピードが落ち着いたマイル戦の中盤で先頭に並びかける。

慌てた鞍上がブレーキを掛けると再び4〜5番手に位置取りを戻す。
しかし、一瞬しか息を入れるタイミングのないマイル戦では致命的。

直線に入り、外から先行するロゴタイムを捕らえに行くも、
坂を登りきったところで脚色が揃ってしまい、最後のクビ差を縮めることが出来ず。
痛恨の配線となってしまった。

東の横綱候補として、このレースはなんとしても制しておきたいレースであった。
7番人気馬を抜き去ることができなかったことは印象的にも決め手にかける印象。
群雄割拠と謳われる2歳牡馬陣で頭ひとつ抜け出すチャンスを逃してしまった。

どっしりと構えて直線で勝負すれば、あっさり抜け出すことも有り得たようなレース展開。
陣営は折り合いを欠いた事を敗因に上げていたが、これは疑問符。
ドタバタした道中は騎手の操縦ミスのように感じられた。

圧倒的一番人気に騎手に与えた精神的プレッシャーは相当なものであったのであろう。
抜群のペース判断を誇る横山典騎手がまさかのミスジャッジ。
藤沢厩舎と蜜月を築いた関係は簡単には崩れないであろうが、
コディーノは競馬サークルで圧倒的な存在感を示すサンデーレーシング。
今後の鞍上が変更される可能性すら考えられる。

鞍上が外国人・地方出身騎手に乗り替わることがないことを祈りたい。

5番人気のローブティサージュが今年の阪神ジュブナイルフィリーズを制覇。
ゴールドシップを擁する今年絶好調の須貝厩舎にまた一頭、期待馬が誕生した。
ウォッカ、ブエナビスタと歴史に残る女傑が名乗りを上げた同レース。
ローブティサージュも名牝としての第一歩を踏み出した。

勝ち馬の鞍上秋山騎手はカレンブラックヒルのNHKマイルカップに続き、
今年に入り2つ目のGⅠタイトルを獲得。
騎手・厩舎ともども飛躍の一年となった。

父ウォーエンブレムは一度は種牡馬としては失格の烙印を押された馬。
今年誕生した産駒も19頭と軌道に乗ることはできていないが、
GⅠ馬は秋華賞馬ブラックエンブレムに続き2頭目。
来春以降のクラシック戦線に向け、ローブティサージュの活躍を期待したい。

今年のジャパンカップダートはニホンピロアワーズが制した。
6番人気とマークされることなく、逃げる武豊のエスポワールシチーを追走。
最後の直線では、持ったままで急坂を駆け上がり、
勝負どころで気合を入れると他馬を3馬身ちぎる圧勝劇。

前走みやこSは1番人気に押されたローマンレジェンドとクビ差の接戦。
2着に惜敗しながらも、実力の一端を見せていた。
勝った酒井学騎手は15年目にして始めてのGⅠタイトルを手にする。
ニホンピロアワーズは5歳馬ながらも、今年に入り急成長。
中央の重賞未勝利ながらもビックタイトルをかっさらった。

距離適性は中距離向きに見えるが、来春のフェブラリーSは東京コース。
ここでの勝利で、ダート界のチャンピオンホースとしての地位を確立できるか、
注目したい。
今年のジャパンカップは三冠馬対決と銘打たれたレース。
そんな中、現役最強のオルフェーヴルが1番人気、
前日まで2番人気だった三冠牝馬のジェンティルドンナは
-14kgの馬体減を嫌われ、直前で3番人気に落ちる。

大外枠に入り、スタートを不安視されたオルフェーヴルは、無事ゲートから出馬。
歓声の上がる観客席前を掛かることなく追加。
中段後方に位置取り万全のレース運びを見せる。

一方のジェンティルドンナは抜群のスタート反応でゲートを飛び出し、
逃げ馬ビートブラッグに並びかける勢い。
外枠発走ながら、3番手でインコースを確保する。

経済コースを取りスタミナを温存、レースも1000mを60秒台と平均ペースと理想的な流れ。
最終コーナーを回ったところでも手応え十分の中、
外から襲いかかるオルフェーヴルの仕掛けを待つ。

先に仕掛けたオルフェーヴルが大逃げを打つビートブラッグを
早めに捕らえに行き先頭に立つ。
その直後インコースで脚を貯めていたジェンティルドンナが一気に加速。

他馬を置き去りにしようとするオルフェーヴルにただ一頭すがりつく。
逃げたビートブラックをかわす瞬間、外からオルフェーヴルがコースを塞ぎにかかる。
ここでジェンティルとオルフェが馬体をぶつけ合う。

ひるまずコースをこじ開けるジェンティルと一瞬バランスを崩したオルフェが
最後の200mを壮絶な叩き合いを演じる。

57kgを背負った4歳牡馬に対し、
53kgと4kgのアドバンテージを貰った3歳牝馬が
わずかハナ差、前に立ちゴール板を突き抜ける。

レース後、長い審議対象となったが、着順は変わらず。
歴史に残るマッチレースは三冠牝馬に軍配が上がった。
最後の直線で自らの進路を奪い合うのは競馬の醍醐味とも言える。
また、外からかぶせてきたオルフェにも非はあったようにも伺え、
これほど長い審議対象となったことが驚きでもあった。

結局、内から外を走る馬の進路を妨害したとして、
ジェンティルを操る岩田騎手に対して2日間の騎乗停止処分が下される。
どちらかといえば、オルフェが外から内に大きく進路を変えた印象であったが、
審議の対象とはならなかった。

ファンとしては、審議にあたるルールがイマイチわかりにくい。
ブエナビスタが降着となった2010年のジャパンカップとまではいかないまでも
オルフェの騎乗も結構荒っぽく見えた。

一度はジェンティルにはじかれるも、
そのあとオルフェも負けじと馬体をぶつけに行っている。
内ラチにジェンティルを押しやろうかという勢い。
見た目からは、どっちもどっちといった印象。

これくらいのラフファイトは許容してもいいのではないかと思われた。

今日の勝利により、ジェンティルドンナの年度代表馬の芽が俄然大きくなった。
3歳牝馬の年度代表馬となれば、過去に例のない大偉業。
有馬記念でのゴールドシップ次第だが、
最強馬オルフェを下した今日のレースの印象は強烈。
史上最強牝馬の称号を確固たるものとした。

怪我に見舞われるディープ産駒。
今日のレースも上がり3F32.8秒と究極ともいえる末脚を見せたジェンティル。
馬体に掛かるダメージは計り知れないもの。
おそらく、年内は休養となりそう。
怪我など発症しないことを切に願う。

一方で凱旋門賞に続き、2着惜敗となったオルフェ。
今年はまさかのGⅠタイトルは宝塚記念一つのみ。
いくら丈夫な馬とは言え、海外遠征帰りで消耗した状態から
有馬記念に参戦することは厳しそう。

ディープインパクトのように、年内引退が決まっているのなら話は違うが、
来年の凱旋門賞に再挑戦する雰囲気が漂う。
今年はもう無理する必要はないかもしれない。
年末に向けてこの2頭の動向に注目したい。

中央競馬の顔、武豊が2010年ジャパンカップ以来のGⅠ制覇。
4番人気のサダムパテックでマイルチャンピオンシップを勝利。
未だ未勝利GⅠだったレースを制し、中央GⅠ完全制覇に王手。
残すは朝日杯フューチュリティステークスひとつとなった。

レースでは、最後の直線では、馬群を割る強気の競馬、執念の騎乗を見せる。
進路を塞がれそうになり、横を走るリアルインパクトにゴッツンコ。
その影響で外の4頭が外側に飛ばされる不利を受ける。
審議に取られはしたが、大きな影響はないと判断が下される。

馬体を合わせてコースを奪い合うことは
許容範囲と思われたので、ホッと一安心。

最内枠を引き、経済コースを通り最後の直線で自ら進路を開けるレース。
クビ差2着のグランプリボスは、審議対象の玉突き事故によりスパートが遅れる。
不運ではあるが、これは位置取りの差ともいえる。

先行している馬に進路を選ぶ権利があるのだから、
ここぞの場面で前を塞がれるのは仕方のない事。

武豊の復活劇で、俄然盛り上がってきた秋競馬。

そして、古豪の藤沢厩舎もこの秋シーズンに入り復活の狼煙をあげる。
アルゼンチン共和国杯を制覇したルルーシュはジャパンカップをスキップし、
暮れの有馬記念を目指すことを表明。
先行策の取れるルルーシュにとっては、東京コースよりも中山の方が
勝利する可能性は高いと踏んだのだろう。

4歳秋にして、まだ成長過程にあるルルーシュにとって、
中2週でのジャパンカップ参戦よりも、
じっくり乗り込んで更なるパワーアップを図る算段。

ジャパンカップは最強オルフェーヴルと三冠牝馬ジェンティルドンナ、
今年の凱旋門賞馬ソレミアが参戦。
関東馬からは天皇賞・秋2着のフェノーメン。
ハイレベルな戦いが予想され、このレースでエネルギーを消耗する可能性は高い。
オルフェとジェンティル、フェノーメンは有馬記念を回避する可能性も十分考えられる。

ルルーシュにとって最大の敵となりそうなのが、三歳王者のゴールドシップ。
藤沢厩舎の完全復活は関東競馬界にとっても一大事。
チャンピオンディスタンスでは、関西馬の牙城を崩せずにいる。
この流れを断ち切るためにも、関東の総大将となる馬の誕生が待たれる。

ジャパンカップのフェノーメンの結果次第ではあるが、
その期待をルルーシュにもかけたい。
ルルーシュはゼンノロブロイ産駒。
関東のエース候補であった同厩舎のペルーサと同じ父親。
復活の狼煙にはピッタリの関東馬血統。期待感は膨らむ。

フェノーメンには蛯名、ルルーシュには横山典騎手と
関東ジョッキーを鞍上に配する。
この2頭いずれかが、GⅠ制覇を達成することで、
関東競馬界の復活の足掛かりとしてもらいたい。

藤沢厩舎の快進撃は土曜日の東京スポーツ杯2歳Sにも繋がる。
良馬場発表ながら、直前の大雨で馬場は緩んだ状態。
脚元が頼りないコンディションで強烈なパフォーマンスを見せたのが、
横山典騎手騎乗のコディーノと内田騎手騎乗のレッドレイヴン。

ともに藤沢厩舎の管理馬で、1番・2番人気を分け合う。
最内枠から先行し、最後の直線で進路を塞がれるピンチも
馬群を割る根性を見せたコディーノ。
大外枠から不利な外側を回される不利を受けながらも、
残り3F33.6秒と最速の上がりを見せたレッドレイブン。

見事ワンツーフィニッシュを果たす。
走破タイムは1:46.0とレースレコードのおまけ付きと申し分のない内容。
有力なダービー馬候補として名乗りを上げた。

未だ、クラシック未勝利の藤沢厩舎にとって待望の有力馬。
ルルーシュとともに、関東の競馬ファンに大きな夢を与える。
ロベルト・バッジョの相性の「弁髪」を意味するコディーノ。
同じサッカー選手の相性を馬名に持つペルーサを超えてもらいたい。
また、レッドレイブンは「
光沢ある黒い髪の色」が馬名の意味。
コディーノ共々、髪の毛が相性の由来は何かの縁。
2頭とも、無事来春のクラシック戦線に駒を進めてもらいたい。
雨で重馬場にまで悪化した馬場状態を味方にしたのが
ブライアンズタイム産駒のレインボーダリア。
美浦二ノ宮厩舎所属で柴田善臣騎手と、関東コンビでの勝利。

関東馬のGⅠ制覇は安田記念のストリングダーリン以来。
先週のアルゼンチン共和国杯では、藤沢厩舎期待の星ルルーシュが勝ち上がり、
年内は有馬記念に標準を合わせたとの報道。
関東馬の反撃の狼煙となった今日の勝利で勢いをつけてもらいたい。

圧倒的一番人気に押されたヴィルシーナは、
追い出しでのズブさも見せ、4コーナーから内田騎手が追い通し。
先頭に立ち、ゴールに流れ込みを狙うも、馬場状態の影響もあり伸び切れず。

またしても、2着に甘んじしまう。
ディープ産駒の成長力はまだ未知数。
今日のレースを勝ちきることができなかったことが
後々痛恨とならないことを祈りたい。

ヴィルシーナのオーナーは横浜ベイスターズで活躍した大魔神・佐々木。
背番号22でキャンプでの投げ込み開始も2月22日にするなど、
2にこだわりを見せていた。
まさか、引退後も2の因縁が続くとは夢にも思わなかったであろう。

ジャパンカップに出走するジェンティルドンナが古馬相手にどこまで通用するのか。
それにより、今後のローテーションも変わってくる。
年内は休養に当て、来春にGⅠ初制覇を狙うことになりそう。

ジェンティルドンナが古馬の壁を打ち破れず、
来春ビクトリアマイルにローテーションを合わせるようでは、
万年2着から抜け出すことができなくなる可能性も考えられる。

ディープ産駒では、故障が目立ち始めている。
無事に次戦へ駒を進めるようであればチャンスは訪れる。
社台系のサラブレットが放牧先でのトレーニングで屈腱炎を発症させる事例も増えている。
休む時はしっかりとリフレッシュして馬体の成長を促して欲しい。
絵になる勝利となった今年の天皇賞・秋。

7年ぶりの天覧競馬で、イタリア人騎手ミルコ・デムーロ操る
エイシンフラッシュが内ラチ沿いインコースから抜け出し
一昨年の日本ダービー以来となる勝ち星を上げた。

勝利後のゴール前で馬上から降りて、
貴賓席の天皇、皇后両陛下に片膝を折って最敬礼。

外国人騎手だからこそ、絵になるシーンを演出して見せる。

最強世代と謳われた現五歳の牡馬も、
秋シーズンに入り現三歳世代に押され気味。
一番人気もGⅠ未勝利の三歳馬フェノーメノに奪われる屈辱を味わう。

今日のレースの結果次第では世代交代となる大一番。

レースは小牧騎手のシルポートが1000mを57.3秒で追加する超ハイペース。
離された2番手には無敗の三歳馬カレンブラックヒルが続く。
一番人気に押されたフェノーメノは4番手を追走。

直線に入り大逃げを打ったシルポートの脚が止まり、
後続が一気に襲いかかる。
カレンブラックヒルが先頭に立つと、
それをマークしていたフェノーメンが差しを決め勝利するかと思われたが、
最内からエイシンフラッシュがレース最速の上がり33.1を駆使。

ゴール直前で先頭に立つと、半馬身差を着けたところでゴール。
通ったコースの差がそのまま結果に結ぶつく。

フェノーメンとしては日本ダービーに続く、惜敗。
カレンブラックヒルは距離の壁があったのか、
ゴール前に失速し5着と初黒星。

最強世代の覇権争いは5歳馬に軍配が上がった。

現役最強オルフェーヴル不在のGⅠで、2010年の先輩ダービー馬が意地を見せる。
今年に入って5歳馬の国内GⅠの芝中長距離戦線では
天皇賞・春のビートブラックに続き2勝目。
秋の古馬三冠レースで結果を残したことで、5歳馬の存在感を知らしめた貴重な勝利。
これにより、ジャパンカップでのジェンティルドンナ、
有馬記念でのゴールドシップとの世代間直接対決にも箔がついた。

また、圧倒的に幅を利かすサンデーレーシング所属馬以外の
ゴールドシップ・エイシンフラッシュの活躍は競馬サークルにとっても大きい。

関東馬の復権を担う3歳牡馬のフェノーメンは実力の一端を十分に見せつける秋天2着。
この先、ゴールドシップとの再戦では、
世代最強の覇権争いと同じ父を持つステイゴールド産駒の成長力の証明が付加される。

今年のダービー馬ディープブリランテが屈腱炎発症で引退。
代表産駒ではステイゴールドに水を空けられる形となったディープインパクト。
産駒の成長力を見極めるためにも、残るディープ産駒ジェンティルドンナの走りにも注目したい。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アイテム

  • bay01.png
  • DB.スターマン-1.png
  • 2011Baystarswin27.jpg
  • 2011Baystarswin26.jpg
  • 勝負服・キャロットF.gif
  • 2011Baystarswin25.jpg
  • 2011Baystarswin24.jpg
  • 2011Baystarswin23.jpg
  • 2011Baystarswin22.jpg
  • 2011Baystarswin21.jpg