2010年7月アーカイブ

oguricap.jpg地方出身のスーパーホース
オグリキャップが3日、不慮の事故により息を引き取った。

25歳、人間でいうところの80歳。見事な一生を遂げたと思います。
数々の伝説をつくった本物のスーパースターといえようその競走馬時代は、
空前絶後の大活躍でした。心から「感動をありがとうございました」と、申し上げます。



地方出身のサラブレットは時々、その活躍が注目されることがあるが、
大概が重賞レベルに届くか届かないかぐらいで頭打ちしてしまう。
しかし、オグリは規格外の実力を備えた唯一のたたき上げであったといっても過言ではない。
古くは、ハイセイコーなどアイドルホースが生まれてきたけれど、
どれも時代の頂点に届くことはなかった。
その牙城を唯一崩したのがオグリキャップ。

その活躍は、ただのGⅠ級に留まることなく一時代をつくり、
誰もが王者として認めざるを得ない圧倒的なパフォーマンスを見せてくれた。
武豊の名を全国に知らしめた90年有馬記念での奇跡のラストラン。
今では考えられない過酷なローテーションであった、
マイルCS奪取から連闘でのJC参戦。
ホーリックスとの壮絶なたたき合いによる驚異的な世界新記録樹立。
どれをとっても、あまりに劇的すぎて、
現在の競馬界ではまず、成し遂げられることのない偉業でした。

重賞級レベルの馬でもこんなローテーションは組まれることはないのに、
絶対王者であるオグリキャップがに課せられたものは、
あまりに常軌を逸していたと捉えざるを得ないもの。
常識的に、ディープインパクトが古馬GⅠを連闘で挑むなんて、
考えられない無茶苦茶、それこそフィクションの世界。

ナリタブライアンが6ハロンのスプリント戦・高松宮記念に出走したときも、
理解に苦しんだが、オグリキャップはそれを遥か上をゆく怒りすら覚えるもの。
当然ながら、激闘の反動に苦しむこととなるのだが、皮肉にも、
現在の日本競馬のレースカレンダーをこの馬が作ってくれたと言ってもおかしくはないであろう。
オグリキャップほどの怪物をもってしても、ダメなものはダメといった指標を示してくれたことは、
このあとに続くスーパーホースたちの競走馬寿命を延ばしてくれたのだと思う。

計り知れない功績を残してくれたオグリキャップ。
後に続くことも、模倣することすらも許されない夢物語のような足跡、その偉業。
重ねて「ありがとうございました。」と感謝の意を表し、ご冥福を祈ります。

このアーカイブについて

このページには、2010年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年6月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。