2010年10月アーカイブ

2010年の天皇賞・秋はブエナビスタの完勝。
秋初戦を強いレースで盾制覇。
この秋、年度代表馬に向けての第一関門を見事に突破した。

直線に入るまでやや前目の内寄りを通る王道の競馬。
一瞬閉じ込められるかと思われたが、脚色の違いで一気に抜け出す。
全く危なげない競馬に女王としての貫禄を見せつけての勝利。

一方、2着にまで脚を伸ばしてきたペルーサ。
ゲートで立ち上がるしぐさを見せ、やはりという感じで恒例の出遅れ。
最後方からの競馬を余儀なくされる。
直線だけの相手頼みの競馬ではGⅠを戴冠できるわけもなく、
ブエナビスタを脅かすところまで至らず。

くぅ~、もったいない!

強いのに、実力の片鱗はみせたのに、
この馬にとって2000メートルじゃまだ足りないのか、
と思わせるスタートの悪癖は致命傷。

しかし、最後の圧倒的な差し脚は見る者を唸らせる。
将来性は疑いようのないものでもある。
無事に運べは、次走はその実力をいかんなき発揮できる
クラシックディスタンス。

今日の決定的な差をどこまで埋めることが出来るのか
期待を持ちこしてくれたことに少しホッとした面もある。
パドック・ゲートでふざけて遊んでいる模様から、
まだまだ子供ぽっさが抜け切れていないペルーサ。
同馬の馬名は、
「アルゼンチンの英雄(スター)、マラドーナの幼少の頃からの愛称」
この名前どおりにイタズラ癖が抜けきらないと、
女王ブエナビスタを倒すことは到底かなわない夢。

チャンピオンホースへの道のりを確かなものにするには、
今年中になんとかブエナビスタにひと泡吹かせたい。
できることなら、ヘトヘトに消耗する前に結果を出してほしいところ。
そういった意味でも今年のジャパンカップが
俄然見応えのあるレースとなった。

関東馬の覇権もかかってくるメンバーがずらりと揃いそう。
ナカヤマフェスタの凱旋レースにもなろうから今からワクワクしてくる。
ロジユニバースは賞金的に出走できるのかなぁ・・・ダービー以来勝ってないし・・・。

3歳牡馬のナンバーワンもはっきりする。
ダービー馬のエイシンフラッシュに、海外修業を敢行したヴィクトワールピサ。
菊花賞では長距離線で脚を余したローズキングダム。
実力未知数の菊花賞馬ビックウィーク。

いずれの馬も女王ブエナビスタの首を狙い、
年度代表馬への切符を手にしておきたい。
また、次代の女傑アパパネも虎視眈々と控えている。

まだ、GⅠを獲っていないペルーサにとってはかなり難しいが、
年度代表馬の候補の1頭といわれるような存在になって欲しいので
活躍を期待したい。

大輝の片鱗は見せたし、500kgを超える馬体で3歳馬。
なにより、馬が完全燃焼して、競馬を嫌いにならないように
配慮する藤沢厩舎。
大好きな東京競馬場開催も終るし、
もしかしたら、ペルーサは次走が今年最後のレースになるかもしれないなぁ。
有馬記念まで出てきて欲しいけど。

横浜ベイスターズの買収交渉が決裂したらしい・・・。

うーむ、内川がFA流失の危機にある中、球団自体がグラグラしているようでは・・・。

来年もTBSに経営してもらいながら、もっと長期的に売却先との交渉をしてほしい。
いらない味噌っかすの子をなすりつけ合うような印象をファンに持たせないでもらいたい。
夢がないよ、ホントに・・・。

明日は運命のドラフト会議だというのに、
急に秋風が吹き出したお天気模様と足並みをそろえて、
ベイも寒々としてきてしまった。

はぁ、村田も出ていくようだと、かなりの戦力ダウン。
思い切って若手育成のチームに生まれ変わるのか!?
経営能力があればそれでもいいのだが、
複数年契約を連発して自爆したような経営陣にはあまり期待もできないし・・・。

横浜市が買い取ってくれないかなぁ・・・。
市税がアップしても個人的には構わないんだけども・・・。

3冠最後の菊花賞は、コスモラピュタが「行った行った。」の大逃げを仕掛ける展開。
ペースは例年通りのゆるい流れだったことを考えると、
口を上げながら、終始折り合いをかけた状態で直線で積極的に逃げ馬を捕えに行った
ビックウィークのステイヤー能力を実証したレースだった。

しかし、春のクラッシックを勝ち抜いてきた実力馬が顔を揃えることなく、
レースレベルに「?」マークが付いてしまう。
直前のエイシンフラッシュの出走回避がつくづく残念であった。

唯一、春からの活躍馬のローズキングダムは後方待機から直線勝負で
1・1/4馬身届かずの2着。
もうちょっと積極的にレースを進めてくれれば、距離適性を計ることもできただろうが、
いかんせん、自分から動くことができずの不完全燃焼。

父親のキングカメハメハは先週のアパパネの活躍からも、
今後を大いに期待される種牡馬。
ローズ一族に長距離適性があるとは思えないので、
この2着もあまり、価値があるようには感じられない。

GⅠ馬が一頭も出走していなかった今年の菊花賞。
1000万を勝ちあがったばかりのコスモラピュタの逃げを容易く許し、
5着に粘りこまれてしまう展開からも、
レース自体のレベルは高い物ではなかった。

華やかさを醸し出していたローズキングダムも、
最後の1冠で印象にほとんど残らないレースでは、
この先の活躍に疑問符を持たざるを得ない。

最近は全く活躍できなくなっている菊花賞馬。
勝ち馬のビックウィーク、2着馬のローズキングダム。
この先、一戦級として活躍していくには、
今年の有馬記念である程度結果を出さないと厳しい。

来週は期待の三歳馬が登場する天皇賞・秋。
出遅れ癖を出さないで十分に実力を出し切って欲しいペルーサ。
通用するも、しないも、その馬のもつポテンシャルを認識できるレースをして、
ファンを納得させてもらいたい。

菊花賞は五頭しか出走しなかった関東馬。
東京に戻ってくるGⅠ競走で、今年の大活躍を引き続き期待したい。

もう一つの注目点はまだ、今年のGⅠを獲っていない武豊騎手。
今ちょうど、TBSの情熱大陸で取り上げられていたので、さらに注目度が増してきた。
この先のお手馬を考えると、今日の菊花賞を取り損ねたことが
あとあとに響いてきそう。
果たして、とうとうGⅠ勝利の連続年数記録が途絶えてしまうのか。
こちらも目が離せない。

アパパネが秋華賞を快勝し、牝馬では三頭目の牝馬三冠を達成。
レースは好スタートから終始外寄りのコースを取り、直線の追い出しで抜け出す安全策。
前走のローズステークスでは内々に閉じ込められ直線でもたつく苦い4着。
トライアルの失敗を上手く教訓にしたレース運び。
大事な三冠目を横綱相撲で勝ちきるのはさすが、金子オーナーの勝負服のなせる業か。

このまま、エリザベス女王杯を勝ち、史上初の牝馬四冠の称号を手に入れて欲しい。
関東牝馬では、なかなか出てこない最強牝馬に一歩近づいたアパパネ。
最近ではメジロドーベルが最強牝馬の称号に一番近づいた関東牝馬。
その、ドーベルも一歳年上のエアグルーヴに頭を押さえられ続けてトップの座には就けなかった。

アパパネも似た状況に置かれている。
ブエナビスタとレッドディザイア。
ともに関西所属で牡馬相手に国内・海外で結果を残してきた最強牝馬。
この秋もブエナビスタは天皇賞・秋で一番人気に押されそうな勢い、
レッドディザイアはブリーダーズC・フィリー&メアターフに出走と、
その牙城はなかなか崩れそうにない。

この二頭に真っ向勝負で勝ちきることで、
三冠牝馬の称号がさらに輝きの増すものとなる。

先輩三冠牝馬たちは古馬になってからの戦績がなく、
(メジロラモーヌは三歳[当時四歳]で引退
 スティルインラブは古馬での勝ち星なし。)
あまり、印象に残らなかった。
ここで、アパパネがそのイメージを一新して欲しい。

オークスでは史上初のGⅠ同着を経験したスターとしての逸話も残しているアパパネ。
年末の有馬記念までブエナビスタ・レッドディザイアとの対戦は考えにくいので
ここは、無事にエリザベス女王杯を突破して、ファンを夢をつないで欲しい。

今年からなんと関東馬の活躍が目立つことか!
西高東低の構図は崩壊しつつある。
長く関東牝馬が女王の座を取ることができかった流れを一掃する活躍のアパパネ。
蛯名騎手とともに歴史的牝馬としての地位を獲得してほしい。
それにしても、この勝負服。二頭目の三冠馬のみならず、
父・キングカメハメハに加えて、母のソルティビットも所有馬。
醸し出すオーラが半端ないです。

勝負服・金子オーナー.gif

アパパネの由来:ハワイに生息する赤い小鳥から[Apapane:アカハワイミツスイ]

第61回毎日王冠・GⅡ
うわっ、ペルーサ心配されたゲート難で痛恨の出遅れ。

いくら東京コースといえど、直線だけの競馬では毎日王冠レベルでは厳しい。
うーむ、3歳馬の1・2フィニッシュ。
まさかそのなかにペルーサの名前がないとは・・・

いちからの出直しを余儀なくされたこの結果は残念でならない。
このあとどのレースをめざすのだるうか、
アルゼンチン共和国杯からジャパンカップ・有馬記念という裏ルートでなんとか、
秋競馬最前線に復帰してほしい。

1着のアリゼオ、
2着のエイシンアポロンと
古馬を一蹴した見事な内容。
今年の3歳牡馬のレベルの高さをあらためて実証。
それゆえにペルーサにはこのまま脱落してほしくない。

ダノンシャンティ、ヴィクトワールピサ、ペルーサと
今年の日本ダービー前には3強と謳われた各馬。
秋に入り、そのランクは大きく変動。

ローズキングダム、エイシンアポロン、アリゼオと
この先に期待感を持てる3歳牡馬陣の名前が
例年よりもたくさん列挙できるのがとても楽しい。

アリゼオは美浦の堀宣行調教師の管理馬。
久しぶりの社台レーシングの勝負服。
そして、シンボリクリスエス産駒。
応援したくなるポイントを多く持っているのがうれしい。
皐月賞では横山典騎手の騎乗馬でもあった。

鼻差でやぶれたエイシンアポロンは蛯名騎手のたずな。
エイシンの冠名が今年は大暴れ。
毎日王冠直前の10レースもテレビ静岡賞でも、
エーシンクールディがダート1400mを快勝。
この先も黒赤の縦じま勝負服に要注目。

そのなかで、やはり、ペルーサが3歳牡馬の1番星になってくれると願いたい。
今日のレースで1番人気を背負っていることからも、ファンからの期待が高い馬。
藤沢さんの管理馬だから、レース嫌いにならないように少し間を空ける可能性もある。
でも、横山典騎手の予想以上に早い退院という吉報も入ったことだし、
復帰にむけて、ペルーサも上昇気流に乗っかって、
できることなら、年末に共にターフを沸かせてれることを切に望む。

2010年10月3日に開催された凱旋門賞。
勝負服・ナカヤマフェスタ.gifなんと、ナカヤマフェスタが2着に!それも鼻差!

だーっ!!惜しい!!!

フルゲート20頭の競馬だから
いろいろと不利を受けながらの競馬の中、
大健闘ともいえる2着。
しかし、なんだろう、この取りこぼした感は!

勝った馬が今年の英ダービー馬のワークフォース。
先のキングジョージで大敗を喫した3歳馬。
レベル的にも勝てる要素が今までで一番あったと思われる。

二宮・蛯名コンビはまたしても、惜敗。
ホントにくやしいだろうなぁ。
しかし、ここにきてナカヤマフェスタの本格化が本物だと証明してくれた。
ここから、どのレースへ向かうのかはまだわからないが、
久々に牡馬のエース誕生はワクワクせずにはいられない。

しかも関東所属でのチームだから、応援にもひとしお力が入る!
次走はどこかな?ジャパンカップか有馬記念?よもやのブリーダーズカップ・ターフ?
激走のあとだから、年内はあと一走かなぁ・・・。

とにかく、どこにもダメージを負っていませんように。
無事な姿を日本のターフで見せて欲しい。
ディープインパクト以来看板を背負える男馬が生まれてこなかったから
しばらくは日本の競馬界をひっぱていく存在になって欲しい。

ヴィクトワールピサは87着。
うーん、欧州の重い芝には適応しなかったのか。
日本で再起して、ナカヤマフェスタのライバルといわれるくらいになれるか。
そうなれば、競馬がもっともっと楽しくなる。

0529-01.jpg来週から東京開催。
期待はなんといっても毎日王冠から出走予定のペルーサ。
ひと夏超えて成長した姿を是非見たい。
サンデーレーシングの関西馬2頭
ブエナ・ドリジャがトップに居座る勢力図を
一変させる活躍で天皇賞・秋に駒を進めてもらいたい。


いよいよシーズン到来、秋競馬がホントに楽しくなってきました。
あとは、ノリ騎手の無事を願うのみです。



10月に入り突然降ってわいたベイスターズの身売り話。
一部では、新潟移転をささやく黒い影が暗躍しているかのような報道。

よもや、横浜を捨てて別の場所に移っていくようなことはないと思うが、
球団所有の親会社が変わることには特段の感想はなし、しょうがないなぁ不景気だし・・・
新潟の人たちが変な期待をしてしまうだろうから、憶測での報道は勘弁してほしい。

TBSになってからそれほど経ってないし、チーム状態が下降線の一途を辿っている状況を打破するにはちょうどいい機会になると思える。

正直、あんまり気持ちのいい話題ではないので、はやくこの問題が決着してくれるよう望むのみである。

・・・あれっもしかして、今オフにチーム粛清に向けての前フリになってないか?この一連の報道。
村田・内川FA流出危機は現実味を帯びてきてそう。う~む、筒香育成計画は順調のようだし。今年の成績を見る限り、村田を引き留めるだけの条件提示での年棒は確保できそうもない。

球団経営の首を絞め続けたFA阻止の複数年契約。
斉藤隆・鈴木尚...そして、三浦大輔とことごとく裏目にでてしまった。
たとえ、球団売却が不調に終わったとしても弱体化の歯止めは効きそうもない。むしろ、球団オーナーが変わった方がいいのかとも考えてしまうのが、情けない。

なにはともあれ、尾花監督にまかせたチーム改革は持続して欲しい。
今年1年は収穫のほとんど見えない状態だったが、尾花さん以上に期待感を持たせてくれる人材はなかなか確保できそうもない。
変に、人気取りでのスター監督を就任させるなどという時代遅れのことはやめてもらいたい。

監督にしたい人材なら、ヘッドコーチや2軍監督を経験させて育成していくことも大事なことだと思う。将来を見据えたチーム経営がほとんど感じることのできないベイスターズ。これを機に球団経営陣を一新できないものか変な期待をしてしまう。

いろいろと、情けない気持ちになるなぁ今回の身売り話は・・・。
こんなときは一人のスター選手が登場してくれると気持ちが晴れやかになるんだけど、筒香の1軍テスト機会は怪我で流れちゃったまま進展ないし、はやくドラフト会議してくれないかなぁ。
今年はハンカチ世代の華やかな選手が多いし、楽しみはそれくらいしかない。

高校野球が全国一盛り上がる野球ドコロの神奈川からプロ野球球団が消滅してしまうなんて、考えられない。そのときは日本プロ野球から興味を失くしてしまうかもしれない。

万が一のことだと分かっているけれど、不安な気持ちは拭い去れない。
なんでもいいから、横浜から出ていかないとはっきりと宣言して欲しい。
明るい気持ちで今年のベイスターズの最終戦が迎えられればいいのになぁ。移転はしない、移転はしない、って自分に暗示をかけていないとやってられません。ほんと、せつないです。

baystars-flag.gif

2010年の凱旋門賞は
大本命馬のハービンジャーが骨折引退したためか、
16年ぶり20頭が参戦の大混戦の模様。

エルコンドルパサーやディープインパクトが出走した時の頭数の少なさに、
欧州の競馬オーナーはファンを楽しませようという気概はないんだなぁ
勝てそうなレースにしか馬を出さないんだなぁ
と感じていたが、今回はそれを実感できる頭数が揃ったレース。

人気になりそうな今年の英ダービー馬ワークフォースは
キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスで
勝ち馬ハービンジャーに16馬身以上離される屈辱的な負け方。

この出走頭数の多さは例年になく、
凱旋門賞のレベルが低いことを物語っているのだろうか。
今回出走する、ナカヤマフェスタ・ヴィクトワールピサにも
十分にチャンスがあることの証明でもある。

特に二宮・蛯名のコンビで出走するナカヤマフェスタには期待したい。
もう、11年も前になるエルコンドルパサーの惜敗の時のリベンジをかける。
美浦所属馬では今一番期待をもてるナカヤマフェスタ。
応援にも力が入ってしまう。

今秋は、関東競馬界の雲行きは怪しくなっている。
全国リーディングを独走していた横山典騎手がまさかの落馬で長期離脱。
頭の怪我だけにこのまま復帰を果たせずに引退してしまうのではないかという
憶測も流れている。
昨年のダービー馬ロジユニバースも体調不十分で天皇賞・秋を回避することが決定。
注目の2歳馬ルルーシュも札幌2Sを4着に終わり、個人的にも残念ムード。

ナカヤマフェスタにはこの雰囲気を一掃する快走を願わずにはいられない。

前哨戦で4着の不完全燃焼に終わったヴィクトワールピサも
鞍上の武豊騎手とともに念願の凱旋門賞制覇を果たせるか注目したい。
1・2フィニッシュなんて夢みたいなことにならないかなぁ。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 厩舎
1 3 フェイムアンドグローリー 牡4 59.5 J.ムルタ A.オブライエン
2 4 プヴォワールアプソリュ 牡5 59.5 S.ファルジャ E.ルルーシュ
3 20 サラフィナ 牝3 56.0 G.モッセ A.ドゥロワイエデュプレ
4 6 キャバルリーマン 牡4 59.5 L.デットーリ S.ビン・スルール
5 19 ヴィクトワールピサ 牡3 56.0 武 豊 角居 勝彦
6 5 ヴィーナーヴァルツァー 牡4 59.5 T.クウィリー J.ヒルシュベルガー
7 16 プラントゥール 牡3 56.0 A.クラストゥス E.ルルーシュ
8 13 ワークフォース 牡3 56.0 R.ムーア M.スタウト
9 14 ベカバッド 牡3 56.0 C.ルメール JC.ルジェ
10 7 ナカヤマフェスタ 牡4 54.5 蛯名 正義 二ノ宮 敬宇
11 15 ケープブランコ 牡3 56.0 C.スミヨン A.オブライエン
12 1 ユームザイン 牡7 59.5 R.ヒューズ M.シャノン
13 17 ロペデヴェガ 牡3 56.0 M.ギュイヨン A.ファーブル
14 8 ティモス 牡5 59.5 K.ファロン T.ドゥーメン
15 12 プリュマニア 牝4 58.0 O.ペリエ A.ファーブル
16 9 ダンカン 牡5 59.5 W.ビュイック J.ゴスデン
17 2 マリヌス 牡4 59.5 D.ボニヤ F.ヘッド
18 18 マイダスタッチ 牡3 56.0 J.ヘファナン A.オブライエン
19 11 タラモア 牡5 59.5 F.ブロンデル Z.コプリク
20 10 リアンカイ 牡5 59.5 S.パスキエ U.オストマン

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。