2011年5月アーカイブ

オリックス2-1 横浜

今日のスタメン・DH制
1 (遊) 石川
2 (中) 森本
3 (左) 金城
4 (三) 村田
5 (DH) スレッジ
6 (一) ハーパー
7 (右) 吉村
8 (二) 渡辺
9 (捕) 武山

(投) 須田

新人の須田が好投するも今日も勝ち星を得ることが出来なかった。
捕手・武山との相性も良くなってきたのだろう。
6回途中をホームランでの1失点で試合を作った。

しかし、今日は打撃陣が結果を残せない。
投打のバランスが少しずつ崩れた状態が続き、3連敗。
9回に村田が1発を放つのが精一杯。

先週土曜日のソフトバンク戦での逆転負けがまだ尾を引いていそう。
チームの歯車が狂い始めた交流戦。
1カード2戦しかないので連敗しやすい。

借金は今シーズン最多の9に。
2カード連続で勝ち星を落とすと交流戦での借金を返すのが難しくなってくる。
なんとしても、明日のオリックス戦は勝ち星を上げて欲しい。

ソフトバンク 7-1 横浜

スタメン・DH制
1 (遊) 石川
2 (中) 森本
3 (左) 金城
4 (三) 村田
5 (DH) スレッジ
6 (一) ハーパー
7 (右) 吉村
8 (二) 渡辺
9 (捕) 細山田

(投) ハミルトン

前回初勝利を上げた新外国人投手のハミルトン
しかし、今日の試合では3回途中7失点の大乱調。
盤石なリリーフ陣を持つソフトバンク相手に絶望的なアドバンテージを与えてしまう。

昨日の負け方がやはりチームの覇気に影響してしまったのか。
攻撃も5回に1点を返すのがやっと。

今日の収穫は3番手でマウンドに上がった、小林太
先日2軍から上がってきたばかりで終盤の4回を零点に抑えて見せた。
今日の登板は今後の試金石としての色合いも強く、
1軍での試合に慣れさせておくことも目的の一つ。

手薄な先発投手陣の一角を任せられそうならば、
今日の敗戦も全くの無駄であったわけではない。
ポジティブな部分を拾い上げて、
暗い連敗ムードを払しょくして次カードを迎えて欲しい。

オルフェーヴル堂々2冠!!ダービー制覇。
池添騎手見事ダービージョッキーの仲間入り。

不良馬場で施行された今年の東京優駿
しかし、強い馬が悪条件の中でも、持てる実力を存分に発揮してくれる。

勝ち馬のオルフェーヴル、スタートは五分の出。
道中は後ろから4~6頭目と、後方待機。
馬場がこれだけ渋る中も馬の力を信じて全く動ぜず
唯一の心配点、折り合いに重視を置いた冷静な騎乗は新馬から手綱を取る信頼関係が成せる業。

3コーナー過ぎから、やや強引に位置取りを上げていった
2番人気サダムパテックとは対照的。

そのサダムは4コーナーで外々から早めのダッシュ。
前走皐月賞で勝ち馬のオルフェにコース取りの差で
3馬身の大差をつけられた苦い記憶が今日の手綱さばきに影響したか。

直線に向いたところで行き脚が鈍り、
真横を抜けていくオルフェに着いていくことが出来ず失速。
7着に沈む。フジキセキ産駒として、距離適性を問われる惨敗を喫する。

そして、勝ったオルフェーヴル。
単勝3.0倍は後々こんな美味しい馬券はなかったと思い返されそう。
それほど、圧倒的なレース。

直線で進路を挟まれそうになるが、一瞬のスピードで馬群を抜けると、あとは一人舞台。
内にもたれながら2着馬ウインバリアシオンに詰め寄られるの、
ゴール前は再び突き放す楽勝劇。

鞍上をコロコロ変えず、新馬から育て上げてきた陣営のチーム力の結晶。
日本人騎手が天塩にかけて育て、日々の調教に跨り、名馬誕生に導く。
ファンの心をぐっと掴んで離さないスターホースには、
やはり、こういったバックボーンが欠かせない。

ステイゴールド産駒で兄はグランプリホースのドリームジャーニー
この先の成長力も十分期待できる。
母父にはメジロマックイーン。距離延長はむしろプラス材料。
無事にさえ行けばこの秋3冠馬の誕生は疑いようがない。

達成すれば、池江調教師は親子で3冠馬達成の快挙となる。
今年勇退した父のバトンを見事につないだ息子の手腕には感嘆の一言。
競馬界は血の物語と言われるが、サラブレットは馬だけではないのだろうか。

将来的には凱旋門賞の挑戦も十分考えられる。
父が育て上げたディープインパクトの無念を
息子の管理馬オルフェーヴルで晴らすことが叶うか。

今日の不良馬場を克服し、父は海外遠征で結果を残したステイゴールド。
今から夢が広がる。見事な日本ダービーであった。

オルフェーヴル
勝負服・サンデーR.gif馬名由来:金細工師(仏)
父ステイゴールドから連想された馬名。
SS後継種牡馬としても再び脚光を浴びるか。

2年連続で京都2000mで施行された金鯱賞。

最強4歳世代の1頭、ルーラーシップ
エアグルーヴを母に持つ超良血馬、今回は福永騎手と初コンビ。

海外遠征帰りで調整の難しいローテーションで挑んだこのレース。
しかし、ファンの期待も高く、断然の1番人気を背負っての出走。

注目のスタート、なんとまさかの出遅れ。
それも落馬寸前の躓きで、スタンドからは大きなため息。
早々にレースから脱落したと、誰もが諦めた。

しかし、福永騎手はあわてて追走に脚を使わず、
また、レース自体を捨てずに徐々に順位を上げていく落ち着いた騎乗を見せる。

向こう正面から馬群中段まで押し上げると4コーナーを回る頃には
先頭を走るキャプテントゥーレを射程圏内に捕える。

不良馬場発表の切れ味勝負を得意とするルーラーシップにとって
決して得意とは思えない芝の状態で、逃げるキャプテントゥーレを
ゴール板手前で見事差しっ切って見せた。

この先、ルーラーシップが多くのG1を獲得するようであれば、
伝説のレースと語り継がれるのではないだろうかと感じさせる、
それだけ強い印象を残した。

次走は宝塚記念。
このまま鞍上は福永騎手を起用するのか、また外国人騎手に戻してしまうのか、
そういった点でも注目してみたい。

ソフトバンク 6-5 横浜


1 (遊) 石川
2 (中) 森本
3 (左) 金城
4 (三) 村田
5 (DH) スレッジ
6 (一) ハーパー
7 (右) 吉村
8 (二) 渡辺
9 (捕) 細山田

(投) 高崎

またしても、先発の高崎に勝ち星をつけられなかった。
防御率1点台の杉内相手に1・2回に4得点し、理想的に先行するも、
終盤の反撃に合い、8回裏・2アウトから3失点で逆転負け。

勝てる試合を落としてしまった。相手エースを序盤で攻略し、
味方投手はエース格という状況での敗戦は非常にもったいない。

試合の勝敗を分けた、8回2アウト満塁のこの場面。
松中篠原の打席で同点タイムリーを浴びてしまう。
さらにピンチが続き、交代した真田が決勝点を献上する。

左対左なので篠原の投入は当然の一手なのだが、今日に限っては裏目に出てしまった。
尾花監督としても、ストッパー山口の投入と篠原、どちらにするか迷うところであっただろう。
しかし、長いシーズンをきちんとした継投策で乗り切っていく事はとても大事。

スクランブル登板を敢行するのはシーズン終盤になるようだと理想的。
この先、成績が上がらず、前倒しの継投策をしなけらばならない展開が来ないことを祈る。

リリーフ陣としても、
「この場面では、自分に声が掛かるだろう。」と、
心の準備が出来れば、気合いの乗りも変わってくる。
肩すかしを喰らった状態では次戦以降のタイミングの取り方にも影響を与えてしまう。

シーズン終盤までは必勝リレーの確立を目指し、状態のよい選手を上手に使い分けて欲しい。
左の中継ぎの駒が不足気味なので、2軍調整中のランドルフ眞下が早く調子を上げて
1軍の戦力として戻ってきてもらいたい。

長いシーズンで、期待できる戦力が2軍で待機していてくれるのは心強い。
ベテランの3本柱三浦清水大家が先発にしろ、中継ぎにしろ、
いずれかでチームの力になってくれるようならば、CSまで楽しむこともできそう。

チーム全体にモチベーションが長く持ち続けられる事は、選手の成長を促す。
早々に消化ゲームとならないことが、将来的なビジョンからも大事。
緊迫した試合を1つでも戦えるように粘り強い采配を尾花監督に期待したい。

横浜 2-1 楽天

2011Baystarswin14.jpg今日のスタメン
1 (遊) 石川
2 (中) 森本
3 (右) 金城
4 (三) 村田
5 (左) スレッジ
6 (一) ハーパー
7 (二) 渡辺
8 (捕) 細山田
9 (投) 加賀

相手投手はパリーグを代表する
選手の1人、田中将大
勝利するにはロースコアでの接戦でしか難しい相手。
その中、加賀をはじめとするベイ投手陣が奮発する。ピンチを上手く処理しながら、8回を無失点。


6回にキャプテン・村田の値千金の2ラン。見事難敵を撃破する価値ある一発。

加賀は前回雨天コールドゲームに引き続き好投。
中3日ということで、5回でマウンドを降りたため、
勝ち星はつかなかったがこの先ローテーションの一角として
やっていけることを見事に示してくれた。

去年は好投するも勝ち星がつかない展開が多かった加賀。
今年はその流れが高崎に起こっている。
2人に勝ち星が転がり込んでくるようになれば、
ベイスターズの看板投手としてそれぞれが一人立ちできそう。

今日は、抑えの山口が今シーズン初失点を喫した。
出会いがしらの1発なので、
連打を浴びての失点のようにショックの残るものではない。
しかし、ここまで無失点で来れたのは、
それがモチベーションとなっていたため。

打たれた直後の表情を見ていればそれは明らか。
明日以降気持ちを引きずらず、
再び、無失点イニングを伸ばせるよう頑張って欲しい。

ランドルフルイス中村ノリなど新戦力が、
消耗戦となる夏場に向かってベイスターズに貢献してくれれば
早々と消化試合に入るという屈辱的なシーズンからおさらば出来そう。

その試金石として、今年の交流戦は5割以上の成績を残してもらいたい。
チーム内に自信が生まれれば、プロ同士の試合。
そうそう、負けばかりとはいかないであろう。

そもそも野球は5割前後の成績に落ち着くようになっている。
勝率が3割台に落ち込む事などは本来あってはならない。
自信喪失気味のここ最近のチーム状態。

最下位を脱出した今夜の試合のようにミスを助け合い
一丸となって勝利を目指す姿勢を貫いて
実りの秋を迎えてもらいたい。

ベイ、楽天戦△

user-pic
0

横浜 6-6 楽天
3時間半ルールにより9回で終了

きょうのスタメン
1 (遊) 石川
2 (中) 森本
3 (右) 金城
4 (三) 村田
5 (左) スレッジ
6 (一) ハーパー
7 (二) 渡辺
8 (捕) 武山
9 (投) 須田

今日の先発は須田。前回好投した時と同じ女房役の武山
しかし、4回に2ランを2本喰らうなどで5失点。
今回は結果を残すことが出来なかった。

内容も悪く、先制点を取られ、味方が逆転した直後に4失点。
このような投球をしていると、ベテラン三浦大家清水が1軍に復帰次第ローテーションを外されてしまいそう。
新人なのでもっと余裕を持って育てたいところだが、1シーズンで育成のための枠は早々用意できない。

若手筆頭の高崎の投球内容を見れば、シーズンを通して使い続けることは明らか。
若手の成長がチーム力アップには不可欠であるが、ここ2シーズン散々な結果で、
球団消滅の危機すら漂う状況。監督を納得させる投球を1試合でも多く印象付ける必要がある。

若手のローテーションピッチャーには、1勝1敗ペースで構わない。
将来を期待させる片鱗を首脳陣に感じさせるような若々しい投球を見せて欲しい。
台頭するにはベテランに対して将来性で勝負するしかない。
社会人からのプロ入りなので即戦力を期待される。厳しいがなんとかローテーションの一角に喰らいついてもらいたい。

スタメンも尾花監督は代えてきた。
昨日痛恨のエラーを喫した吉村を先発から外し、3番・ライトに金城を起用。
楽天先発を右腕永井と見越してのことであろうが、シビアな采配。

スレッジを5番・ハーパーを6番と当たりが出ない両外国人に刺激を与える。
これが当たり、ハーパーが一時同点とする貴重な2ラン。
外国人選手は一度調子を取り戻すと、まとめ打ちをする傾向がある。
明日からのハーパーの打席に期待したい。

試合後半から登場したキャッチャーの細山田
7回、ランナーを3塁に置いた場面、牛田のフォークボールを止め切れず痛恨のパスボール。
1点リードを奪われる。

この先、細山田がレギュラーポジションを確実のものにしたいのなら、
牛田のウイニングショットのフォークボールをピンチの場面でも思い切って投げられるように
後逸することのない壁のような存在にならなければいけない。

以前佐々木のフォークボールを止め切れず秋元を起用されていた谷繁の状況とダブる。
フォークボールピッチャーは巧みなグラブさばきで捕球するタイプのキャッチャーより、
体全体で止めに行ってくれるタイプに方が投げやすいと大魔神も語っている。

今日のパスボールも体で止めに行って横に逸らしてしまった。
これを体の前にボールがこぼれるようフットワークを使えるようになれば
牛田も安心して投げられるだろう。
守備力・リードを期待されての起用。この先、牛田とのコンビが長く続くよう頑張って欲しい。

横浜 3-7 日本ハム

スターティングオーダー
1 (遊) 石川
2 (中) 森本
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (右) 吉村
7 (二) 渡辺
8 (捕) 細山田
9 (投) 山本

先発の山本が登板する試合は勝ち星を得たいところ。
しかし、4回途中5失点で今季最短で降板。
今シーズンの成績は2勝5敗と、借金を3作ってしまっている現状。

打線との巡り合わせもあるが、開幕を張った投手には
最低でも勝ち負け5割ライン、貯金をしてくれることを期待される。
エース格との投げ合いが多くなるローテーションだが踏ん張って欲しい。

今日は吉村のエラーにどうしてもクローズアップされてしまう。
4回1死満塁での浅目のライトフライ。
2塁手渡辺との連携が上手くとれなかったのか、想像以上に風に打球が流されたのか、
まさかの落球で2失点。すぐに内野に返球していれば2点目は取られなかった。
ショックを受けるのもわかるが、エラーによるチ-ムへの迷惑は最小限に抑えて欲しいところ。
試合の流れも日本ハムに一気に行ってしまった。

今シーズン、時折見せる吉村の中途半端な守備。
自信を無くして、積極性も失ってしまっては上達もしない。
外野に飛んできた飛球は態勢からも内野手に任せるよりも自身で処理した方が遥かに安全。

今シーズンは勝負の年。
センターの守備にもつき、出場のチャンスは多く与えられている。
期待されるのはバッティングだが、守りでも平均点以上のスキルを試合をこなしながら手に入れて欲しい。

ひちょり弾炸裂
2011Baystarswin13.jpg横浜 2-0 日本ハム

今日のスタメン
1 (遊) 石川
2 (中) 森本
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (右) 吉村
7 (二) 渡辺
8 (捕) 細山田
9 (投) ハミルトン

スタメンに吉村渡辺が復帰。
吉村は体調を崩していたのだろうか、特に公式発表はされていなかったので、
心配していたが、無事に戦線復帰に安心。
ほぼ開幕当初のメンバーを揃えてきた尾花監督。やはり、信頼おけるメンバーなのだろう。

先発は長身の外国人投手・ハミルトン
6回を1安打無失点の好投を見せる。安定した投球は今後の活躍が期待される。

今日の主役は森本
日ハムからFA移籍してきたムードメーカーが古巣相手に、
値千金の先制ソロをレフトスタンドに叩きこむ。

森本がスタメンに復帰してから、チームの雰囲気を見事に変えた。
引き分け・雨天ノーゲームを挟みながらも2連勝。
やはり、交流戦にはパリーグ経験者の牽引が必要。
投手・選手のくせを理解したメンバーがベンチにいることはそれだけで戦力となる。

その中、楽天を解雇され、浪人中のスラッガー中村紀洋を獲得。
経験あるベテランの力が苦境の時には必ず役に立つ。
ノリはエース三浦と同い年。
お互い刺激し合って一軍のグラウンドで活躍して欲しい。

また、左腕の外国人投手、ルイス・エンリケ・ゴンザレス(プエルトリコ)の獲得も発表。
今日、日本初勝利したハミルトンともども、チームの戦力として安定した投球を披露して欲しい。

伏兵7番人気のエリンコートが優駿牝馬を制する。

出走前に大雨に見舞われた今年のオークス。
良馬場発表ではあったが、芝が上滑りするため、先行馬優位のレースとなってしまった。

2番人気のホエールキャプチャがゲートで立ち上がり気味に出遅れる。
1番人気のマルセリーナも後方待機策。向こう正面では後ろから2頭目を追走。

馬場自体は上滑りはするものの、
降り出してからレースが敢行されていたわけではないため
状態そのものは荒れておらず馬にとっては走りやすい状態。

レースの勝ちタイムは2分25秒7と優駿牝馬では2番目に良いもの。
勝ったエリンコートは内枠4番を利して、コース内側を通り、スタミナを温存。
最後の直線では大雨で点灯されたライトを気にしながら内側に斜行。
14番・スピードリッパーの進路妨害ギリギリの競馬。
審議対象とされ、勝ったジョッキーの後藤騎手も初戴冠にかかわらず、
ゴール板でのガッツポーズを自重。

オープン特別の忘れな草賞を勝ち、トライアルレースを回避してオークス出走にこぎつけたエリンコート。本番までに急成長を遂げ見事オークスを制する。
まだ直線ではまっすぐ走れず幼さを残すが精神面での成長も期待したいところ。

直線外側から猛追してきたのがホエールキャプチャ。
出遅れて後手を踏み、最後も直線に入るところでなんとか馬群を割ってくる。
レース最速の上がり34.0の足を繰り出すもクビ・ハナ差届かず3着。

2着には逃げた柴田善臣騎乗のピュアプリーゼが粘り切る逃げ馬が残る展開では
いくら直線得意と言えど、捕えきれない。

圧倒的な瞬発力を秘めていた一番人気のマルセリーナも展開に泣かされた。
上がりはホエールに次ぐ34.3も最後は内側に刺さり気味でスタミナが持たず万事休す。
騎手の位置取りの差が明確にレース結果に反映された感がある。

勝ったエリンコートは短距離王者デュランダル産駒。
サンデーサイレンスの血が上手く伝わったのだろうか。
予想以上の距離適性を見せてくれた。

秋には最強牝馬レーヴディソールが戦線復帰予定。
ホエール・マルセも距離の不安は感じられず、秋華賞・エリザベス女王杯と続く牝馬路線を賑やかなものにしてもらいたい。
勝負服・吉田照哉.gif

交流戦・北海道日本ハムファイターズとの1戦は、
4回表2アウト2塁で雨が強くなり、ノーゲーム。
今日の試合は2日後の火曜日振り替えとなる予定。

先発はリリーフからの転向で加賀
去年は先発として働いていたが、
牛田・真田などのブルペン陣が怪我で出遅れていたため、
緊急でセットアッパーを任されていた。

ようやく、ブルペン陣に枚数が足りてきたため、先発に復帰。
降雨ノーゲームとなりながらも、4回ツーアウトまで無失点の好投。
先発投手のコマ不足も深刻な状況なので、目途が立ったのは大きい。

先発には新加入の外国人投手の活躍を計算に入れたい。
雨天試合中止で連戦を余議されなくなるようであれば、
2軍で調整中のベテラン陣の奮起も期待される。

ロッテ 2-2 横浜

今日のスタメン・DH制
1 (遊) 石川
2 (中) 森本
3 (DH) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (右) 金城
7 (左) 内藤
8 (二) 藤田
9 (捕) 細山田

(投) 高崎

今日の先発は期待の高崎。スタメンのマスクは相性がいいのだろう、
細山田に戻してきた尾花監督

連敗中のロッテ相手に勝ち星を奪いたかったが、
相手投手、唐川も今シーズン好調を維持しており、試合は引き分けに終わる。

今シーズン2度目の引き分けは、いつものシーズン同様12回で終了。
特別ルールの3時間半の時間制限で11回終了を目論んだところ2分前に
11回のロッテの攻撃を終えてしまい、予定外の12回に入った模様。

10回・11回を守護神山口を使ってしまっての引き分け。
これで、明日の横浜スタジアムでの日本ハム戦に山口を投入できるのか微妙な状況に。
2回で投じた数は21球。ピンチを背負ってしまうと1回で投じる可能性もある球数。

しかし、山口は今や、12球団で最も安定感があるといっても過言ではないストッパー。
接戦の多い交流戦では最後の切り札として使いたいが、まだシーズン序盤。
6連敗中はなかなか使う機会がなく、2連投となったロッテ戦。
歯車のかみ合わせが上手くいかない感じではあるが、怪我も多い選手なので、
あまり、使い減りのする起用は避けておきたいところ。
明日試合では登板する必要がないくらいの得点差をつけてもらいたい。

打撃陣に期待。

暖かくなるにつれて、村田のスイングがホームランアーチストのものに戻ってきた。
やはり長距離砲は寒いとバットが振れてこないのだろう。
昨日・今日と価値ある2ランホームランを連発。男・村田をロッテファンに強烈に焼きつけた。

チーム打撃をしつつも、アーチを描けるようであれば、これほど頼りになる4番はいない。
弟分の吉村は2試合連続でスタメン落ち。
今日の試合、代打でも登場してこなかったので、どこか体調に問題があるのだろうか。
今シーズンはここまで良いスタートを切れたので心配である。

ベイ連敗脱出で交流戦初勝利
2011Baystarswin12.jpgロッテ 0-2 横浜

今日のオーダー・指名打者制
1 (遊) 石川
2 (中) 森本
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (DH) ハーパー
6 (右) 金城
7 (一) 一輝
8 (二) 藤田
9 (捕) 武山

(投) 須田

先発の須田の女房役は武山
なかなか勝てない新人投手とチームにカンフル剤を注入。
また、ムードメーカー森本を2番に起用。
このところ調子を落としていた吉村が今シーズン初のスタメン落ち。
尾花監督が積極的に動いてきた。

この中、ベンチを温めていた武山にとって、
ここで結果を出せば、再びスタメンマスクを奪い返す千載一遇のチャンス。

チームは今シーズン初めての完封勝ち。
武山はゲームセットまでマスクをかぶり続け、見事尾花監督の起用に応えた。

この試合最大のピンチが6回裏の1アウト満塁。
四球・死球・四球のノーヒットでの自滅に近い形。
ここで救援のマウンドに立った大原慎福浦をダブルプレーに打ち取る。

このピンチを見守っていた先発・須田が
思わず、ガッツポーズをしながらベンチから飛び出す。
このシーンは印象的。

チームが一丸となるためにはこういったパフォーマンスが有効な事もある。
勝利への飢えた気持ちは当然、選手全員に強くある。
その気持ちが須田のガッツポーズに鮮明に映し出されている。

ピンチのあとにチャンスあり。
ベンチのムードが一気に盛り上がったことも要因となったのだろう。
キャプテン村田が値千金の決勝3ラン。
好投を続けていたロッテのエース成瀬を打ち崩した。

中継ぎに牛田が復帰してきたのは戦力的にとても大きい。
山口が不調の時はストッパーもこなした経験があり、
尾花監督の信頼も厚い。

怪我をしがちな体力がまだまだ心もとないが、
マシンガン継投と揶揄されるベイスターズのブルペン陣に
1枚カードが増えたことは安心感をもたらしてくれる。

最後は山口が抑えきり、見事にロッテ打線を零封。
初戦のエースに勝てば連勝して貯金2でカードを終わらせる可能性が高くなる。
明日の試合も勝利して、再び上昇気流に乗ってもらいたい。

風の強い千葉のQVCマリンスタジアム。
外野には守備範囲が広く、また、この球場での経験のある選手で固めたかったのか。
吉村を外して、守備重視のオーダーを組んだ尾花監督。

明日のスタメンに吉村・細山田の名が連ねられるのか注目したい。

村田プロ通算1千本安打も完敗。
記念の試合に花を添えることが出来ず。

西武 5-2 横浜

今日のスタメン・DH制
1 (遊) 石川
2 (中) 金城
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (DH) ハーパー
6 (一) 一輝
7 (右) 吉村
8 (二) 藤田
9 (捕) 細山田

(投) 山本

先発は去年までオリックスに在籍した山本
相手の特徴を知っているのと同時に
自分のスタイルも知られていたためか、
初回いきなりの2失点。

西武の先発はかつての横浜キラー・石井一
2週間ぶりの登板からも、先発投手としては6番手争いが現状。
そんなピッチャーに、7回1失点の好投を許してしまったベイ打線。

2番にセンター金城を入れ、2塁は昨日に引き続き藤田
1塁に去年までオリックスに在籍した一輝

金城は2安打、一輝は貴重なタイムリーを放つなど貢献。
しかし、終始先行された試合展開で、7回の2失点で万事休す。

借金は今年最大の8。
連敗は6まで伸びた。

普段対戦しないチームとの投手力勝負となると
やはり、苦戦を強いられるベイスターズ。

若手・ベテランの中から一人、二人とラッキーボーイが現れないと厳しい台所事情。
若手では、安定感抜群の高崎、2年目の大型左腕眞下
ベテランでは三浦清水の経験値の高いピッチャー。
彼らの頭角・復活を期待したい。

交流戦がスタート。

西武 4-1 横浜

DH制でのスタィングオーダー
1 (遊) 石川
2 (二) 藤田
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (DH) ハーパー
6 (中) 金城
7 (右) 吉村
8 (一) 内藤
9 (捕) 細山田

(投) ハミルトン

交流戦初戦の相手は西武ライオンズ、先発は涌井

ハーパーをDHに据えて、左打ちの内藤をファーストで起用。
セカンドに藤田、センターに金城と、
パリーグから移籍してきた選手は使ってこなかった。

渡辺は15日のヤクルト戦で左ひざを痛めた影響で出場を見合わせたのだろう。
センターには森本を使わずに金城を起用。
まだ、長期離脱から野球観が戻っていないのだろう。

5連勝の直後の5連敗とチームの雰囲気は沈むばかり。
ムードメーカの森本にパリーグ戦を引っ張ってもらいたいところ。
今シーズン打率.180と低迷しているため森本本人も悩んでいるであろう。
しかし、ここは中堅からベテランの域に近づいてきた選手生活での経験で
なんとか乗り切って欲しい。

5連勝のあとに5連敗。
借金も今季最悪の7まで膨らんでしまった。
ここで下止まりして反発して欲しい。

一度5連勝を達成しているのだから、
それ以上の連勝も期待できないことはない。
交流戦を黒星スタートとなってしまったが、
ここから気分を一新してまずは借金返済を目指して欲しい。

アパパネが昨年の年度代表馬ブエナビスタを首差抑えて
勝負服・金子オーナー.gifヴィクトリアマイルを見事制した。

単勝1倍台の圧倒的人気の女傑ブエナに対して、
後ろからピッタリとマークされながらも直線では
馬体を合される前に抜け出し、ゴール前の猛追も
かわされることなく先頭でゴール板を駆け抜けたアパパネ。

蛯名騎手の好騎乗もさることながら、やはり東京マイルでは
血統的にアパパネの方に適性があったのであろう。
これで、牝馬限定戦を完全制覇まで、エリザベス女王杯あとひとつ。

今日のレースを見ても、マイル戦での走りは特筆すべき能力を発揮する。
桜花賞の勝ちっぷりとオークスでの同着を振り返ればそれは明らか。
次走をどのレースに標準を合わせるのか陣営の判断に注目したい。

『牝馬三冠を達成したサラブレットはその後勝ち星を挙げることが出来ない。』
そう言われていたジンクスを見事に打ち破ったアパパネ。

適性距離と思われるマイル戦・安田記念で牡馬相手の力試しをした方が勝ち目は大きそう。
2200mの宝塚記念ではブエナビスタを始め、最強世代の4歳牡馬勢が多く出走。
幸い、マイル路線には傑出した馬は現れていない。

アパパネと同じキングカメハメハを父に持つ、
ローズキングダムあたりはマイル適性が高そうだが、
次走は武豊騎手を降ろして、外国人騎手を配して宝塚記念で必勝態勢の模様。
恐らくは世代で最強マイラーであっただろうダノンシャンティは2度目の屈ケン炎で引退の危機。
今後しばらくは中距離界で4歳牡馬の壁を打ち破るのは困難。
今年に限れば、この世代から安田記念に出走してくる有力馬は見当たらない。

冷静に勝ち星を計算するのなら、ローテーション的には厳しいが
安田記念を目指した方が現実的。

しかし、ブエナビスタの地位まで目指すという目標を持っているのならば、
牡牝混合のGⅠでチャンピオンディスタンスを制する必要がある。

関東から現れた過去最強牝馬といっても過言ではないであろうアパパネ。
3冠牝馬の価値をより高いものとするには自身の好走でしか成しえない。

1分31秒9のレースレコードを出したレースの反動は十分に考えられる。
春先に熱発で、中山記念を回避したことからも
順調に仕上げてきた訳ではなく、また、体調管理が難しい牝馬でもある。

名牝のイメージを失墜させるような大惨敗は避けたいであろう。
しかし、去年のブエナビスタはそれをやってのけた。

史上初の牝馬GⅠ完全制覇がかかる秋は、エリザベス女王杯を目指す公算が高い。
ここは牡馬相手でも戦えることを示す意味でも、宝塚記念を獲りに行ってもらいたい。

横浜4連敗で借金6に後戻り。
横浜 3-5 ヤクルト

今日のスタメン
1 (遊) 石川
2 (中) 金城
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (右) 吉村
7 (二) 渡辺
8 (捕) 細山田
9 (投) 眞下

前回巨人戦で好投した期待の若手投手眞下が先発するも、
2回3失点で早々に降板。

2試合連続で好投とはいかず、やはりプロの世界は厳しい。
この壁を乗り越えさせるにはいろいろな経験をさせるしかなく、
尾花監督は眞下を育てると腹をくくれるか、次回の起用法に注目。

打線は苦手のヤクルト増渕から3得点を奪うも、同点に追いつくまで。
勝ち越し点を上げることが出来ずに、ヤクルトに先行を許す展開。
終盤はチャンスらしいチャンスも作れずにゲームセット。

これで、せっかくの5連勝を台無しにしてしまう4連敗。
週明けに始まる交流戦に向けて暗雲が立ち込めてきた。

相手投手は先発4番手までの実力者となる2連戦での構成となる交流戦。
表のローテーションにあたってしまうと、なかなか得点を上げることは難しい。

横浜を確勝相手としてエースをぶつけてくることも十分考えられる。
なんとかロースコアでの接戦に持って行って、勝ち星を稼いで欲しい。

幸い、日程的には休みが多く挟まれるので、これまで酷使してきた
救援陣にも休みを取らすことが出来る。

現在が借金6。交流戦あけにはこの借金が1つでも減っている事を願う。

 

ベイスターズは5連勝直後に痛恨の3連敗。

横浜 0-2 ヤクルト

今日のラインナップ
1 (遊) 石川
2 (二) 渡辺
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (中) 吉村
7 (右) 井手
8 (捕) 細山田
9 (投) 高崎

先発は今、一番信頼をおける高崎
ここで連敗を止めておきたいゲームであったが、
石川に9回2アウトまで0点に抑え込まれ、結局零封される。

しかし、全くノーチャンスであったわけではない。
7回は1アウト1・3塁。
9回はノーアウト1・2塁。

7回はハーパーの併殺打。
9回は渡辺の3バント失敗からスレッジの見逃し三振で万事休す。

石川はプロ100勝を達成。横浜は相手選手の金字塔に付き合うことが多い気がする。

今日は開幕からチームをひっぱてきた両外国人選手がブレーキとなってしまった。
2人が同時に調子を落としてしまうと、やはりチームバランスが崩れてしまう。
明日の試合が終われば日程が楽になり、指名打者も使える交流戦が始まる。

ここは歯を食いしばって明日のゲームでは力を振り絞ってほしい。
せっかくの5連勝が泡と消えそうな3連敗。
ここで連敗を止めておかないと、雰囲気の悪い状態で交流戦前の休みを過ごすことになり、リフレッシュできない。

また、借金がすぐに返済できない5まで膨らんでしまう。
連勝できるチームの底力があることを証明したのだから、
着実に成長している姿を明日の試合では見せて欲しい。

ベイ連敗
横浜 4-6 ヤクルト

今日のスタメン
1 (遊) 石川
2 (二) 渡辺
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (中) 金城
7 (右) 吉村
8 (捕) 細山田
9 (投) 須田

初回に先制点を上げながら、
先発の須田は2回の先頭バッター・バレンティンにソロホームランを浴び同点。

3回にもバレンティンに2ランを打たれる。
若いバッテリー須田・細山田とはいえ、同じ打者に連続で被弾するのは策が無さすぎる。
味方の吉村が喰らっている内角攻めを相手打者にお返しするくらいの気概が欲しい。

1点差に追い上げた直後の8回。
またしてもバレンティンに決勝2ランを浴びてしまう。
バッテリーが交代していた中の被弾。
チーム全体で打者の配球を統一して強打者を黙らせるベンチワークをしてもらいたい。

少し気になったのが、昨日からチャンスで登場した代打選手の三振アウト。
8回ノーアウト満塁の大チャンスで代打内藤が三振。
エラーがらみで1点返してなおも、2アウト満塁。

ここで今日、へんとう炎から1軍復帰を果たした森本が代打で登場も、
またしても三振に倒れる。

外野フライやスクイズ、ゴロゴー、思いっきり叩きつけた打撃などで、
1殺1点を上げる技術はプロなのだからそれほど難しくはないであろう。
(ヒットをつなげることに比べて。)

特にノーアウト満塁の場面では、相手投手は吉村にデットボールを当てアップアップの状態。代打は初めのストライクに手を出すことが大事とはよく言われるが、初球のボールに手を出しカウントを悪くしてはせっかくの好機を生かしきれない。

打ちたい気持ちが大きいのはいいことなのだが、
はやる気持ちを抑えきれなくては好球必打は成しえない。
乱調な投手にはカウントメイクは当然の選択肢。

相手の嫌がることをコツコツと続けることが
シーズンを通せば、大きな成果を得るためには必要。
チーム力の向上にもつながり、やがては伝統のチーム色となる。

近年、低迷する横浜を改革するには、こういった長期的なビジョンも必要だろう。



これは、若手投手を育ち切れないチーム環境も同じ。
高校球児の一番星を積極的にドラフトするなどの気概が欲しい。
ある程度出来上がった大学卒業の投手の獲得を続けてきた結果、
ここ数年、チームの柱となるエースが誕生していない。

他球団を見れば『絶対的エース』は高卒からのたたき上げが圧倒的に多い。
横浜でも今一番頼りになるのは控えの山口
先発完投できるエースは高校でドラフト上位で指名されるようなエリート選手の場合が多い。

自前で育てられるようでなければ、チーム力を高い水準で維持する事は金満球団でなければ無理。
手軽に成果を得ようとする球団首脳陣の考え方は改めてもらいたい。

最近では斉藤隆が勝てるエースとして君臨しかけたが、いかんせん大学卒。
その期間はあまり長くはなかった。
高卒の三浦大輔はここ数年エース格とされているが、貯金をたくさん稼げるタイプではなかった。

横浜のエースとなれば遠藤一彦まで遡らなければならない。
彼が東海大卒であったのが大卒ピッチャー獲得に走るきっかけになっているのだろうか。
遠藤にしてみても、成績は白星黒星5分5分。

現在の球界全体でも、大卒のエースは
ソフトバンクの和田杉内
ヤクルトの館山くらいか。

高卒のエースとなると、
日本ハムのダルビッシュを筆頭に
楽天-岩隈田中将大
西武-涌井
ロッテ-成瀬
オリックス-西

広島-前田健
ヤクルト-由規
巨人-東野

これだけ列挙される。

やはり、野球エリートは高卒選手。
超一流にまで上り詰める選手も高卒の方が多い。

圧倒的な野球人口を誇る日本で、
世代でトップに立つ選手のレベルが低い訳もなく、
スーパースターを育てる意味でも高卒選手の発掘に奔走してもらいたい。

簡単にいえば、
イチロー松井松坂ダルビッシュのようなスーパースターを輩出して
球場にファンが殺到するような景色を見たいということである。

今横浜でもっとも活躍が期待されるのは2軍で調整中の筒香
逸材であるのは間違いない。
また、スラッガーはエースと違い育成に時間が掛かるのも承知の上。
しかし、なんとか早く調子を取り戻して、1軍で活躍する姿を見せて欲しい。

ベイ連勝止まる。

巨人 2-1 横浜
今日のスタメン
1 (遊) 石川
2 (二) 渡辺
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (中) 吉村
7 (右) 一輝
8 (捕) 細山田
9 (投) 山本

スレッジが1回の走塁で、2塁に滑り込んだ際、頭を打ち途中交代する。
東部の打撲との事。明日以降は様子を見て出場するか決める予定。
ここまで、打線を引っ張ってきた貴重な戦力。
次カード・ヤクルト戦の出場に影響ないことを祈る。

先発の山本は6回2失点で役割をきちんと果たす。
7番にはオリックスから移籍で獲得した一輝をライトでスタメンに抜擢。
巨人の先発を左腕金刃と予想してのラインナップ。

しかし、結果は残せず、金刃の降板に伴い内藤が代打で使われる。
投手の右左でこの2人を使い分けることにしたのか、
しばらくはポジション争いをさせながら、結果を残した方が生き残って行くのだろう。

チームが高いレベルを目指すためには必要な過程。
試される選手も委縮することなく与えられたチャンスにトライして欲しい。

2回には開幕からスタメンを連ねる吉村が頭部付近にデットボールを受ける。
過去、頭角を現したころ手首へのデットボールで離脱したことが頭をよぎる。
吉村に対する内角攻めは今後強くなることは十分予想される。
ここ数年苦しんだ経験が糧となり、反発心となり、
打者として次のステップに進めるか、正念場といえよう。

残念ながら、Aクラスは1日だけで転落。一気に最下位となった。
開幕してからまだ1カ月足らずとはいえ、混戦模様。
週末のヤクルト戦で今ある借金3をすこしでも減らして、
来週から始まる交流戦に向かえるよう食らいついて欲しい。

横浜ベイスターズ5連勝でAクラス復帰
2011Baystarswin11.jpg巨人 3-4 横浜

今日のスタメン
1 (遊) 石川
2 (二) 渡辺
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (中右) 吉村
7 (右) 高崎(当て馬)→ 内藤
8 (捕) 細山田
9 (投) ハミルトン

村田の先制HR、ハーパーの逆転2ランで
巨人期待のルーキー澤村から4得点を奪い
ベイは今カード巨人戦の勝ち越しを決めた。

尾花監督はめずらしく、7番に偵察オーダーで
高崎を使い、先発が右腕澤村と見るや、好調の内藤を起用。

勝ち続けているからと、チームの状態を固定せず、
刺激を与えながらのスターティングオーダー。
若手の危機感を煽りながら、ベンチを温めている選手を腐らせない采配。

チーム状態が停滞した時は動きやすいが、
いい時に何か策を打とうとしてくるのは
勝負に対する執着心を感じられ、頼もしい。

セリーグの順位は
1 ヤクルト
1 広  島
3 横  浜
4 中  日
5 阪  神
5 巨  人

3強3弱と揶揄されるセリーグでは、
シーズンの大混戦を期待させる順位。

Aクラスといえど、横浜の借金はまだ2ある。
来週から始まる交流戦に向けて、なんとか5割ラインに戻して、
リスタートしてもらいたい。

この5連勝中の先発キャッチャーは細山田
それまでは打撃のよい武山をスタメンに起用することが多かった。
さすがに連勝中には、要となるポジションの変更はしにくいのだろう。

このまま、レギュラーを獲得するまでの信頼を得ることが出来るのか。
プロの試合に慣れてきたようだと、精神的にも余裕が生まれ、
この先打撃の方も向上してくるだろう。

ブルペン陣もコロコロキャッチャーが変わってしまうとやりづらいこともあろう。
インサイドワークや投手との呼吸が良いのだろうか、
しばらく我慢しながら、固定するのもひとつの手。

競わせるべきポジションと覚悟を決めて固定するポジション。
上手く組み合わせながら、チームマネジメントをしてほしい。

ベイスターズ4連勝で最下位脱出。
巨人 1-8 横浜

今日のスタメン
1 (遊) 石川
2 (二) 渡辺
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (中) 吉村
7 (右) 内藤
8 (捕) 細山田
9 (投) 眞下

4連勝で最大7まで膨らんだ借金が3。
勝率で阪神を上回り、最下位脱出。
2年目の大型左腕眞下(まっか)が5回1失点でプロ初勝利。

流れがベイスターズに向き始めた感がある。
3回・6回にあげた計7得点はいずれも2アウトからのもの。
相手が四球やエラーから崩れかけたところをそつなく得点に結びつけたベイ打線。

ひたむきに全力プレーを続けていることで、
2アウトからでも淡白にならずに得点を奪う形が作れるようになった。
この粘りがシーズン通して続くようだと、尾花監督のチーム改革は大成功といえる。

戦力差をチームの一体となって立ち向かえるようだと希望が大きくなる。
弱者の戦い方は尾花監督が1番参考にしているという野村監督のチーム作りの根本。

ベイスターズでは打者が育つ環境はしっかりしている。
今日勝星を挙げた2年目20歳の眞下など、
若手投手が刺激し合って成長してくれるような環境が出来れば、
ファンの期待はさらに大きくなる。

今シーズン失点0の山口を筆頭に、若手投手陣の底上げが成されれば、
投手王国を作り上げてきた尾花監督の手腕が十分に発揮できる。
3年契約から長期政権を築けるように今年は成績を残しながら、
チームの土台をしっかりしたものにして欲しい。
2011Baystarswin10.jpg

昨年の2歳チャンピオンのグランプリボスが実力通りにNHKマイルCを制覇。
4月30日に亡くなったばかりの父・サクラバクシンオーの花道を飾る見事な勝利。

トライアルでは気の悪さを見せ、道中の折り合いを欠いて直線での伸び脚を欠いていたが、
大事なGⅠの舞台ではいかんなく、その能力を発揮して、2着コティリオンに1馬身半差の圧勝。

タイムも1分32秒2と優秀な結果。

この後、英国遠征も視野に入れているグランプリボス。
今日の様なハイペースで引っ張ってくれる展開になれば、掛かり癖も出ず、
期待以上の結果を残すことが出来るかも。

欧州の力のいる馬馬で快足を売りにした父サクラバクシンオーの血が通用するのか、
日本産の可能性を計る上でも、斤量差の出ない3歳戦の出走は是非見てみたい1戦となる。

  勝負服・グランプリボス.gif

横浜 3×-4 阪神

ベイスターズのスタメン
1 (遊) 石川
2 (二) 渡辺
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (中) 吉村
7 (右) 内藤
8 (捕) 細山田
9 (投) 高崎


9回裏、吉村の値千金のホームランでサヨナラ勝ち。
劇的勝利で今季初のカード3タテ・3連勝。

内川に移籍で再びレギュラーポジション奪回のチャンスが巡ってきた吉村。
一度レギュラーをつかみながらも、伸び悩み、控え・2軍と甘んじたここ2シーズン。
若手台頭が期待される中、期待の大砲がようやく目を覚ましたのか。

兄貴分の村田がキャプテンに就任し、全力疾走を見せている。
その姿が吉村のモチベーションにもつながって、なんでもやってやるという気迫が感じられる。

守りなれないセンターでの出場、守備練習に割く時間も多くなる中、
結果を出しているのが頼もしい。
大振りせずに右中間へのサヨナラHRがつなぎの気持ちを感じさせる。

ポジションがかぶる内藤の台頭もいい刺激になっている。
これまで吉村を脅かす若手の長距離砲がなかなか出てこなかったのが、
自身の伸び悩みにつながっていたのだろうか。
同じ生え抜き選手の活躍に期する思いは強いだろう。

来週の11日以降には、森本が復帰する可能性が高い。
チームに活気を与えるレギュラー争いをして欲しい。
5月後半から始まる交流戦に向けて、パリーグの試合を熟知した森本の復活は戦力的にも大変大きい。また、DHで攻撃陣の席が一つ増えることは今のベイスターズにとって、絶好のタイミングと言える。

森本・松本の小技が出来るタイプ、
吉村・内藤の長距離砲タイプ。
それぞれの得意分野でのライバルがいる現在のベイ外野陣。

ここに筒香が参戦してくるようなら、一気に選手層が厚くなる。
熾烈なレギュラー争いでレベルの高い打線を構成して欲しい。

2011Baystarswin09.jpg

横浜 5-4 阪神

2011Baystarswin08.jpg1 (遊) 石川
2 (二) 渡辺
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (中) 吉村
7 (右) 内藤
8 (捕) 細山田
9 (投) 須田


ドラ1ルーキーに須田が先発も、初回に2失点。
常に先行される厳しい展開も、
8回裏阪神必勝リレーの一角、小林の大乱調。

四球・死球・暴投の一人舞台から、
先発ライトに抜擢された内藤が期待にこたえる逆転ツーベース。

最終回は山口がツーアウト2塁とされながらも、しっかりと抑え込む。
負け濃厚の試合をひっくり返しての勝ち星だけに
ベイの選手は気分良く明日の試合に挑める。

一方の阪神、久保田の不調に続き、FA獲得での小林までもリリーフ失敗。
巨人戦では藤川がサヨナラ負けを喫しており、
鉄壁を誇ったブルペン陣にちらりほらりと綻びが見え始めた。

3投手とも30歳を超えているため、
勢いでシーズンを乗り越えるタイプではなく、
悪いながらも試合をつくることができる。

しかし、この中に活きのよい若手が一枚いないと
長いペナントを戦う上で体力的にも厳しそう。

これは横浜にも言えることで、昨年の中日朝倉のように
勢いでシーズンを過ごしながら、化ける若手投手が出てくることを切に願う。

打撃陣では内藤に期待。
今日の先発でも期待に応え、内容も良い。

センターに吉村を回す奇策を弄してでも、
ライトのポジションを内藤に与えた尾花監督。
FA移籍した内川が台頭した時の状況に似た印象。

波に乗れるかはライバルとなるムードメーカー森本の復帰まで
結果を残し続けることが必要。千載一遇のチャンスと思いなんとかスタメンを奪い取って欲しい。

明日のスタメンにベイ生え抜きのこの選手を使ってくるのか尾花采配に注目したい。

横浜 3-1 阪神

 今日のスタメン
1 (遊) 石川
2 (中) 松本
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (右) 吉村
7 (二) 渡辺
8 (捕) 細山田
9 (投) 山本

今シーズン初のホーム、横浜スタジアムでのナイター。
気分転換にはちょうど良かったのか、先発山本
巨人戦終わりで気の抜けぎみの阪神相手に8回3安打1失点の好投。

2回裏の攻撃でヒットを重ねて3点を先行する。
やはり、先取点を取れば、勝利の確立は大きく上がる。

森本の戦線離脱でセンターのスタメンで起用されることが多くなってきた松本
なかなかヒットがでないのはいいとして、1試合に1度は四球などで出塁して欲しいところ。
足で定位置獲得を目指すのが一番の近道になるタイプの選手。

阪神赤星のようにまずはスピードで名前を覚えてもらい、
相手バッテリーの嫌がる選手になって欲しい。

正捕手がなかなか定まらない。
ピッチャーとの相性でオーダーを組んでいるのだろうか。
前回までの女房役は武山を使っていたので、
今回は細山田に代えてみたところ、呼吸が合ったのだろう。

なかなか、結果を残すことが出来ていない早稲田大卒の若手たち。
チームの再建にはなくてはならない新風を巻き起こして欲しい。

次回の山本登板の時のキャッチャーが誰になるのか、
尾花監督の采配に注目したい。

2011Baystarswin07.jpg

広島 6-2 横浜

スタメン
1 (遊) 石川
2 (中) 松本
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (右) 吉村
7 (二) 渡辺
8 (捕) 武山
9 (投) ハミルトン

連日の初回での大量失点。
いきなり5点のビハインドでは、こつこつ1点を狙いに行く事も出来ず、
ほとんど見せ場なしの完敗。

攻撃も先頭打者の出塁が2度。
点差を考えれば、ほとんど相手投手にプレッシャーをかけられず仕舞い。

借金が7に。
コツコツ返済するには、時間が掛かるところまで膨らんでしまった。
選手のモチベーションが下がらないことを祈る。

ムードメーカーの森本が戦列を離れているのが痛い。
先発が初回に崩れることが多いと、野手陣の集中力も続くまい。
バッテリーミーティングなりを頻繁にし、
立ち上がりの失点を防ぐ努力をして欲しい。

広島 4-5 横浜

  2011Baystarswin06.jpgスターティングオーダー
1 (遊) 石川
2 (二) 渡辺
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) 一輝
6 (右) 吉村
7 (中) 金城
8 (捕) 武山
9 (投) 三浦

初回に三浦が先頭打者HRを含む4連打を喰らい、あっという間の3失点。
前回の粘り強い投球が嘘のような淡白な投球。
一回で交代させられる厳しい内容。大家同様、調整を強いられる可能性もあり。

相手投手は前対戦で完封に抑え込まれた篠田。
試合開始早々に土俵際に追い込まれてしまう。
この状況で、スタメンを思い切っていじってきた尾花監督の作戦が当たる。

開幕からスタメンに名を連ねてきたハーパーを思い切って外し、
五番ファースト・一輝を入れてくる。このオーダーが当たり、
三回の第二打席で反撃の狼煙となる二点タイムリーを放つ。

この回一気に逆転し、一時追いつかれるも、キャプテン村田の決勝打で
連敗を3で止める。

継投策で2回以降1失点に控えこんだブルペン陣の仕事が光った。
この先の先発ローテーションの組み直しもあるだろうが、
調子の良い若手からどんどん試してもらいたい。

ベイ3連敗

user-pic
0

広島 3-2 横浜

スタメン
1 (遊) 石川
2 (中) 松本
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (右) 吉村
7 (二) 渡辺
8 (捕) 武山
9 (投) 高崎

先取点が取れないのが最大の弱点なのだろうか。
追い込まれてからではないと打線の目が覚めない。
0-0の段階ではまだ負けることはないので、ぼーっとしているのか。

のんきに試合を進行しているようにも感じてしまう。
開幕からここまで先取点を取った上で逆転負けしたのは1度のみ。
12敗のうち11敗は先取点を取られたもの。

また、先制して負けた試合も1試合のみ。
勝ち試合がまだ、「5」なのでデータとは言い切れないが、
先制する事が試合を有利に運ぶことは間違いない。

サッカーほど、1点にかかる重みはない。
しかし、対戦相手のあるゲームならば、やはり先制点は
試合を有利にコントロールするうえでも大事なポイント。

初回から延長戦突入の意気込みで、なにはともあれ、
先制点にこだわったゲームマネジメントを心がけてみてもらいたい。

横浜 5-7 巨人

本日のスターティングオーダー
1 (遊) 石川
2 (中) 松本
3 (左) スレッジ
4 (三) 村田
5 (一) ハーパー
6 (右) 吉村
7 (二) 渡辺
8 (捕) 細山田
9 (投) 須田

先発はドラ1の須田投手。
センターには松本、キャッチャーに細山田と早稲田ラインを並べてきた尾花監督。
何かのカンフル剤としての期待を持っての起用であったが、
初回いきなりの5失点で残念ながら結果を残せなかった。

なんとか1点差にまで追い上げるも、逆転するには至らず。
村田が2本の本塁打と、長打が出始めてきたのは吉兆となるか、
昨年までのチーム状態に逆戻りか、
どこまで全力疾走を続けることができるか注目したい。

昨年の皐月賞2着馬のヒルノダムールが待望のGⅠ獲得。

勝負服・ヒルノダムール.gif最強4歳世代が10頭出走した今年の天皇賞・春。
現在の競馬サークルの勢力図が反映された顔ぶれとなった。

レースは初めの1000メートルが64秒台スローペースで流れる中、1週目のゴール前からコスモメドウが掛かり気味に馬群外側から上がって行くのを契機に目まぐるしく先頭が変わる出入りの激しい展開に。

1コーナー付近から1番人気のトゥザグローリー
コスモメドウに引っ張られるように先頭に立ってしまう。

向こう正面ではナムラクレセントが控え切れずに馬群外側を上がって行き先頭に。
外側から掛かり気味に上がって行く馬につられて、人気の一角ローズキングダム
持っていかれてしまい、馬群体系はなし崩しに荒れ模様を見せる。

この一連の流れの中、常に前目インに位置付けていたペルーサにも影響を与えてしまう。
自身は折り合いをつけてレースを運んでいるも、前・後・外の馬がペースを次々と乱す展開では、
使いたくない脚を使わずを得ず、無駄なエネルギーを消費してしまい、
長丁場の消耗戦では厳しいものとなってしまった。

勝ったヒルノダムール、2着のエイシンフラッシュは馬群の後ろにつけ、
荒れる先頭集団の影響をあまり受けず、スタミナを温存しながら最終コーナーを回ることが出来た。

ヒルノダムール、エイシンフラッシュの差は、通ったコースの進路の違いによるものが大きい。
終始インコースで経済コースを通ったヒルノダムールに対し、
外枠からの発走のエイシンフラッシュは外々を回されながらの決め手勝負。

ペルーサはスタート直後から先頭集団につけたのが今回の敗因となってしまった。
終いの切れ脚は使えず、自身の最大の武器を封印してしまったかのよう。
スタートが上手く切れるようになったからといい、
自らレースペースを作るようなタイプの馬ではないのであろう。
周囲の馬の出入りが激しくなる前々での競馬はあまり向いていないのかもしれない。

スローペース必至の展開でも鬼脚を上手く使って最後の直線勝負をしていた方が、
見ていて、期待感が持てていたような感じである。

東京向きなのは間違いないが、あとは距離適性の問題か。
2000メートルが守備範囲ならば、思い切って東京マイルを狙ってみるのもありなのか。
スタートで出遅れる癖を克服した今、どれだけ走れるのかその可能性を探ってみるのも面白そう。

これで、1年以上勝ち星から見放されている。
秋天2着があるものの、そろそろ、賞金を加算しておきたいところ。
次走、どのレースに登録してくるのか、
いきなりの宝塚記念か、ステップレースか、路線変更の安田記念か、
名伯楽の選択に注目したい。

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。