2012年3月アーカイブ

阪神 5-5 DeNA

中畑新監督の下、横浜DeNAベイスターズとしての初戦。
開幕投手は昨年ただ一人、ローテーションを守り抜いた高崎。
今年はエースとしてオープニングゲームの大役を任される。

開幕スタメン
(遊) 梶谷
(二) 石川
(一) 小池
(三) 中村
(右) 金城
(左) 森本
(中) 荒波
(捕) 黒羽根
(投) 高崎

オープン戦で結果を残した梶谷・小池を上位打線で起用。
チームに勢いを着けたい開幕ゲーム。
キャンプからアピールに成功した選手を抜擢することで、
チームが新しく変わろうとしていることを実感できるスタメン構成。

森本・荒波を下位打線に加えたことで、
走塁を武器にしてシーズンを戦うことを宣言しているも同然の中畑監督。
その意気込みはゲームでも如実に表れる。

初回にエラーがらみで1失点した高崎は、堂々としたマウンド裁きを見せ、
6回途中を7奪三振の力投。
味方の失策がことごとく失点に繋がり、3点を失うも自責点はゼロ。
見事、開幕の大役を果たして見せた。

攻撃陣の反撃は、1点ビハインドの6回表ツーアウトから。
小池がヒットで出塁すると、開幕4番に座るベテラン中村が値千金の2ベース。
小池が1塁から長期ホームインで同点とすると、
気落ちした阪神エース能見から金城が四球でチャンスを広げる。
ここで、初回にエラーを喫した森本が名誉挽回の3ベースで一気に逆転。

ムードメーカーの活躍で横浜ベンチは活気付く理想の展開。
しかし、7回に慣れないファーストを守る小池が捕球エラー。
ここから流れを失い、ランナーを貯めた所で痛恨の3ランを喫する。
2点のリードから1点を追う展開になってしまう。

それでも、チームは諦めず、
9回の攻撃で阪神の絶対的守護神、藤川を攻略する。
チームを鼓舞する森本が自ら先陣を切る2ベース。
荒波がきちんと送り、1アウト3塁の絶好機に
中畑監督は切り札ラミレスを代打で送り出す。
まだ、足の状態が万全ではなく、スタメンから名を外した大砲が
ここで起死回生の同点タイムリーを放つ。

キャンプから自ら道化を演じることでチームの雰囲気を変えようと
奔走してきたラミレスと森本。
この2人の活躍により、難敵から見事1点を奪い取る。

当然、ベンチは再び息を吹き返し、延長10回の攻撃では
ノーヒットで逆転劇を演じてみせる。

デットボールで出塁した先頭の石川が、すかさず盗塁。
送りバントで3塁に進むと、4番の中村が犠牲フライ。
中畑監督が理想とする「せこい」野球で1点をもぎ取る。

このまま勝利出来れば言うことない開幕であったが、
詰めの甘さが出てしまったのが今後の課題。

横浜の守護神・山口がオープン戦からあまり調子が上がってきておらず、
3塁打と犠牲フライであっさりと追いつかれてしまう。
2アウトまで漕ぎ着けるも、石川のエラーでサヨナラのピンチを背負う。

昨年のシーズン最終戦をいやでも思い起こしてしまう場面。
しかし、ここはなんとか山口が踏ん張り、ゲームセット。
3時間半ルールにより、試合は引き分けに終わる。


流れ的には勝利してもおかしくない試合展開。
7回裏に3ランを浴びたのは、
去年のシーズン終盤には先発ローテーションの一角であった加賀。
国吉の台頭で、ローテーションから中継ぎへの配置転向となった今シーズン。
開幕戦のリードしている展開での登板から、首脳陣の期待の高さが伺える。

しかし、緊張感の漂う開幕戦のマウンド。
中継ぎとしての場数を踏んでいる藤江の登板でも良かったかもしれない。
また、加賀は先発した高崎とタイプが似た投手。
使うのなら、一人別のタイプを挟んだほうが効果的にも思えた。

加賀は、先発投手としても期待の高い選手。
今日の失敗を引きづらないためにも、早めにリベンジの機会を与えてもらいたい。

花粉症に悩むと言われる守護神の山口。
オープン戦から体調が万全ではないことが気になるところ。
花粉症のみならず、体に故障の兆しでもなければ良いのだが・・・。

果敢な走塁を見せた石川。
延長でのエラーで精神的に自らを追い込まないよう、
中畑監督からポジティブな力を分け与えてもらいたい。
持てる素材は一級品。ファンからの期待も高い地元横浜高校の出身の生え抜き。
メンタル面の不安を何とか克服して欲しい。

明日の予告先発は
阪神・スタンリッジ-DeNA・ブランドン

外国人投手での投げ合い。
ここで投げ勝てば、今シーズンのローテーションが優位に運べる。
先発の2番手としても、首脳陣からの期待も掛かる。
中畑監督に初勝利をプレゼントしてもらいたい。

今日のソフトバンクとのオープン戦を前にDeNAベイスターズの新マスコットが発表。
ハムスターをモチーフにした顔に白い星印の入った、その名も「DB.スターマン」。
デザイン的には奇をてらった物ではなく、女性や子供受けする丸々した愛嬌あるキャラ。
そのため、若干インパクトには欠けるが、ちょこちょこ動き出せば可愛さも生まれてきそう。

モバイル事業を手がける親会社の堅実な仕事ぶりを感じさせる、今風のゆるキャラ。
チームがオープン戦同様、シーズンでも好調を維持していくようであれば、
スターマンの露出するシーンも増え、人気がも自然と出てきそう。

ハムスタータイプのキャラクターは類似したライバルも多い。
また、「w」の受け口もゆるキャラ定番のデザイン。
マスコットとして埋没しないためには、ベイスターズの勝利が特効薬。
卒業した、ホッシー君に代わるキャラクターとして早く浸透してもらいたい。

DB.スターマン-1.png


現役最強の4冠馬、オルフェーヴルの春始動の一戦となった今年の阪神大賞典。
断然の1番人気に押され、単勝は1.1倍。
2番人気のヒルノダムールが9.5倍からも、いかにして勝つのかに注目は集まった。

しかし、肝心のレース内容はチャンピオンホースにあるまじき、見るに耐えないもの。
3000mの長丁場で、馬場コンディションは時計の掛かる状態。さらに、逃げ馬不在。
スローペース必至の中、オルフェーヴルはスタートから掛かりっぱなし。

大外枠が響き、馬群に入れることが出来なかったのが痛恨となる。
一週目スタンド前では、首を大きく上げ下げしながら、走る気満々の気配。
どよめく観客席を横目に騎手のコントロールを全く無視。

向こう正面でついに先頭に立つと、鞍上の池添騎手が堪らず急プレーキ。
これに機嫌を損ねたオルフェーヴルがコースから大きく外側に逸走。
危や、競争中止の信じ難い光景。

一気に最後尾までポジションを下げ、ここから急加速。
お遊びの延長のように、馬群に追いすがり、最終コーナーで先頭を伺う。
しかし、レースは相手があってのもの。
いかに、現役最強馬とはいえ、このような破天荒なレース運びで勝利するには至らず。
オープン馬に成り立ての同世代ギュスターヴクライに1/2馬身及ばず。

デビュー前の若駒なら、いざ知らず、
年度代表馬にまで上り詰めた王者にはあってはならない大醜態。
お子ちゃま気質を丸出しのやりたい放題の走法。

これでも、2着に入る潜在能力には恐れ入るが、
今日の出走メンバーで相手になりそうな馬は
一年近く勝利から見放されている天皇賞ヒルノダムール1頭。
勝ち馬のギュスターヴクライはクラシック戦線に乗ることも許されなかった格下馬。
決して、2着を誇れるようなものでもない。

今日のような気性の幼さを矯正できないようでは、
他の最強5歳馬と勝負することは非常に厳しい。
有力馬を独占し、ナンバーワンに上り詰めた池江調教師にとっても屈辱的な敗戦。
デビュー以来手綱を握る池添騎手をもってしても、
制御できない精神的甘さはオルフェーヴルにとって致命的とも成り兼ねない。

今回は実力の違いに恐れを成して対戦を控えたライバル候補たちは、
オルフェーヴルに付け入る隙を大いに見出したであろう。
また、今後の世界進出において、弱点をさらけ出してしまった可能性もある。

ナムラクレセントが向こう正面で大まくりを見せ
去年の天皇賞・春同様、 荒っぽいレース運びを仕掛けたことにより、
煽られたオルフェーヴルのやんちゃな気質に火が付いたことは明白。
断然の1番人気馬が、他陣営から徹底マークされるのは必定。

次戦の天皇賞・春の大舞台で、今回のような醜態を再び晒すことは許されない。
調教師・騎手は大きな課題を背負ってしまう敗戦となってしまった。




また、今日のスプリングSでは、関東の横綱、
2歳チャンピオンのアルフレードが出走。
しかし、期待を大きく外す12着の大惨敗。
馬体は518kg(-6)と、成長期に体重を減らしてしまっていた。

体調が今一歩だったのか、
重馬場のコースが合わなかったのか、
もしくは、距離適正であったのか。

今後の上積みが期待しにくい内容で、皐月賞の本命候補から大きく後退した。

勝ったグランデッツァ、2着のディープブリランテ。
それに加えて、若葉ステークスを完勝したワールドエース。
これらの関西馬が本番でも人気となりそう。

主要なトライアルレースとなる、弥生賞の勝ち馬は関東馬のコスモオオゾラ。
しかし、馬場コンディションに恵まれた感もあり、能力は未知数。
そのため、関東馬の勝利にはアルフレードの復活は不可欠。
ダービーまで見据えると、皐月賞では勝ち負けのレースをしておきたいところ。
なんとか立て直して関東の競馬ファンを楽しませてもらいたい。

今日から、中京競馬場が新装開催。直線に急坂を設け、より東京競馬場に近づけたコース。
明日のメインレース、中日新聞杯(GⅢ)には、4歳牡馬ダノンバラードが出走。
福永騎手との初コンビ。
どのようなレースをしてくれるのか楽しみである。

その福永騎手が惚れ込む天才少女ジョワドヴィーヴルが本日のチューリップ賞(GⅢ)に出走。
大幅な馬体増を期待していたが、420kgで増量は+2に留まってしまった。
馬格のない馬は馬群にもまれた時にどうしても不利になる。
今日のレースはその不安材料が如実に出てしまう。

内枠5番と開幕2週目の阪神競馬場マイル戦では絶好のゲート。
スタートも五分の出。馬群の中段を内ラチに追い込まれることなく絶好の位置取り。
道中、若干、馬が行きたがる素振りを見せるも掛かるところまでいかず。
阪神のマイル戦で最終コーナーを内寄りに進出。ここまで、ほぼ理想的な展開。

しかし直線に入ってから前を行く馬に進路を塞がれてしまい、
エンジン点火のタイミングを失する。
内に潜り込み、わずか1頭分の隙間を抜けてくるも、阪神JFで見せた伸び脚は披露できず。
外からハナズゴール・エピセアローム2頭にかわされてしまう屈辱的な敗戦。

後続の馬に差された事がなかった女傑ブエナビスタの妹として、
期待を一身に集める超良血牝馬、三歳春の始動は苦いものとなった。
陣営としては、一度馬群の中で競馬を覚えさせる経験をさせたかったのだろうか。
それにしても断然の1.3倍、1番人気の馬が連を外すということは、
大きな代償をファンに支払わせる結果となってしまう。
競馬に絶対がないことは承知の上だが、気持ち的にも不完全燃焼の感は否めない。

無敗でオークス、もしくはダービー制覇を成し遂げて、秋には凱旋門賞。
そんな夢を感じされてくれた2歳牝馬チャンピオン。

新馬勝ちでもイマイチの競馬で首をかしげていた福永騎手。
今回も不発に終わったところを見ると、鉄砲がけはしないタイプかもしれない。
しかし、馬体が2kg増と、期待していたほどの成長を見せていない恐れもある。

まだ2世代目のディープインパクト産駒は、その成長力が未知数。
気性的に初戦が得意でないのか、期待値が高すぎたのか、
いずれにせよ、無事に行けば桜花賞でその結果がでる。

距離が足りないようであれば、皐月賞にエントリーしても
勝ち負けできそうな夢を抱かせたジョワドヴィーヴル。

今日の敗戦でその可能性はほとんど消え、この先、牝馬クラッシック路線を歩むであろう。
馬場が幾分重かったようであるが、発表は良。
1着馬ハナズゴールの勝ち時計は、1:35.5 (3F 34.0)と傑出したタイムではなかった。
ジョワドヴィーヴルは0.5秒離された1:36.0 (3F 34.8)。

同コースの阪神JFでの勝ちタイムが1:34.9(3F 34.1)だったことを考えれば、
ジョワドヴィーヴルの実力はまだまだこんなものではないはず。

圧倒的な勝ちっぷりでファンを魅了した同厩舎のお姉さんのレーヴディソールは無念の引退。
そのレーヴはチューリップ賞までは無敗で駒を進めていた。(桜花賞を前にして骨折)
ジョワドヴィーヴルの無敗がなくなってしまったのは残念だが、
幸いにして、小柄なディープ産駒とくれば、故障の可能性は低そう。
(できれば、馬体重を440kg台までは成長されて欲しいところではある。)

レーヴが叶えられなかった桜から樫の戴冠をもって、ファンに喜びを与えてもらいたい。

このアーカイブについて

このページには、2012年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。