先発投手陣、連日の炎上。筒香復帰後初黒星。

user-pic
0
巨人 8-5 DeNA  

今日のスタメン
(中) 荒波 .310
(遊) 藤田 .184
(三) 筒香 .318
(左) ラミレス .222
(一) 中村 .295
(右) 吉村 .290
(二) 石川 .167
(捕) 鶴岡 .146
(投) ジオ 

昨日の劇的引き分けを活かすためにも今日の試合は勝ち星を上げたかったが、
先発のジオが6回を投げて6失点の大乱調。
二日連続で先発が6失点と、これでは勝負の仕様がない。

2番手に登板した菊地も2失点。
ここまで、安定したリリーフをこなして来たが、
シーズン通して完璧な投球をすることは不可能。

先発が崩れ始めたベイ投手陣。そのしわ寄せが中継ぎに集まり始めた兆候かもしれない。
先発投手陣の入れ替え共々、リリーフ陣も疲弊する前に
ファームへオーバーホールに出すこともシーズンを乗り切るためには必要。

また、交代で1軍登板機会を得る若手投手の台頭も期待したい。

二日連続で当たりが出なかった筒香。
2四球・3三振と、なんとも微妙な成績。
今日は内角を主体に攻められた。
厳しいマークは相手球団に認められた証。
ここを乗り切れば、プロ野球選手として一段上に昇れる。

ラミレス・中村ノリのような一時代を築いたスラッガーを見本にして、
ホームランアーチストとして覚醒してもらいたい。

今日の敗戦で今週は1敗1引き分け。
明日の先発予告はブランドン(横浜)-杉内(巨人)。
投手の格としては、勝ち星を上げるのは厳しいマッチアップ。

ランナーを貯めると途端に制球を乱してしまう悪癖さえ出さなければ、
球の力は杉内に劣らないブランドン。

先制点を上げることで、精神的に楽にさせれば、快投も期待できる。
巨人戦のカードを5分に持っていけば、1週間の星勘定も楽になる。
なんとか、勝ち星をもぎ取ってもらいたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takesi-ymd.com/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/281

コメント(2)

| コメントする

Looking forward to reading more. Great article post.Thanks Again. Fantastic.

mometasone spray over counter

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理人が2012年5月 9日 23:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「友利の渇!野手使い切るもベイ執念のドロー。」です。

次のブログ記事は「ベイ投手陣奮闘ドロー。サラサーに当たり気配。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。