2012年8月アーカイブ

DeNA 4-3 阪神 

(二) 内村 .250
(中) 荒波 .275
(右) 金城 .253 
(左) ラミレス .300
(三) 筒香 .214
(一) 後藤 .289
(遊) 梶谷 .178
(捕) 鶴岡 .183
(投) 高崎 


今日の先発は高崎。
前回に広島戦では自責点ゼロの完投ながらも負け投手。
打線の援護に恵まれない。

なんとか、勝ち星を付けたい今日の試合。
2回に梶谷が4年ぶりとなる2ランホームラン。
4回にも満塁から押し出しの四球で追加点。

4回まで3人ずつで打ち取る好投を続けていた高崎をバックアップ。
しかし、5回に味方エラー絡みで1点を失ってしまう。
続く6回もエラーが出てしまい、高崎はこらえきれずに1失点。

1点をリードした状態のこの回を投げ終わって高崎は降板。
なんとか、勝ち星の権利を持ったままマウンドをリリーフに譲る。

今日こそは白星を重ねることができるチャンスと思いきや、
2番手の菊池が登板早々にソロホームランを浴びてしまう。
一瞬にして高崎の勝利投手の権利が吹き飛んでしまう。

試合は8回に下園のタイムリーで決勝点を上げ、勝利する。

チームの勝利以上に価値あるものはないので、
贅沢なことは言うものではないが、
やはり、先発高崎に勝ち星を付けてあげたかった。

今日のような試合を見ると、
先発として勝ち星を稼ぐためには
完投能力が必須の条件となるのか。

しかし、高崎の場合は前回の登板のように、
完投自責点ゼロながらも負けがつく巡り合わせの悪さ。

それだけに、一旦勝ち出すと、
一気に勝ち星を稼ぎ出す可能性も感じられる。
今は、チーム力を向上させるためにもがいている時期。
攻撃陣の形が固まれば、
必勝パターンに持ち込める先発投手として期待が大きくなる。

今は我慢の時期と信じて、粘り強く試合に挑んでもらいたい。
DeNA 1-2 阪神 

(中) 荒波 .275
(二) 内村 .250
(右) 金城 .249
(左) ラミレス .301
(三) 筒香 .217
(一) 後藤 .275
(遊) 梶谷 .175
(捕) 鶴岡 .185
(投) 藤井 


今日の先発はベテラン藤井。
持ち前のリズム良い投球で打撃陣の奮起を促したいところ。

しかし初回から毎回のようにランナーを背負う厳しい内容。
粘りの投球で序盤4回まで無失点で切り抜ける。

打線は4回に筒香のタイムリーで先制。
流れが向きかけたが、その直後の5回、
同点に追いつかれてしまう。

6回には新井(弟)に痛恨のソロホームランをレフトスタンドに運ばれる。
藤井は7回途中まで投げ、4安打2失点と好投。
打線がこの1点差を詰めることができず、無念の負け投手となる。

終盤8・9回に絶好のチャンスを作るも
いずれも打者が三振に倒れてしまう。
打席での粘り強さが見られなかった。

最後の6つのアウトのうち、
1つが送りバンドで残り全てが三振アウト。

得点圏にランナーを置いた場面で
バットにボールが当たらなければノーチャンス。
自然と気合が入る場面で大振りになってしまうのは、入れ込み過ぎ。
優位な立場にあると、相手投手を見下ろすくらいの余裕が欲しい。

あすの先発は打線の援護に恵まれない高崎。
コツコツと1点を稼ぐ攻撃に期待。
そのためにも1・2番コンビの荒波・内村の足に期待。

石川が骨折を完治させるために再び二軍落ち。
無理をすれば別の箇所を故障したり、
後遺症の苦しむことにもなりかねない。
勇気ある判断と言える。

代わりに一軍に登録されたのが、啓二朗。
2軍で最も結果を残している選手。
ようやく、中畑監督から声がかかった。
シーズン終盤での昇格。
今季最後のチャンスという気持ちで、
精一杯暴れまわってもらいたい。
DeNA 4-2 阪神 

(二) 内村 .250
(中) 荒波 .276
(右) 金城 .248 
(左) ラミレス .301
(三) 筒香 .217
(一) 後藤 .273
(遊) 梶谷 .171 
(捕) 高城 .179
(投) 三浦 



今日の先発は番長三浦。
ランナーを出すも要所を締める粘り強いピッチング。

攻撃陣は2回に筒香・後藤の連続ツーベースで1点先制。
4回にはノーアウト満塁のチャンスを作り、
犠牲フライによる1点を追加。
このあと追加点を取れなかったことが三浦の勝ち星を消してしまう。

三浦は7回に1点を失い、この回を投げ終わりお役御免。
8回にマウンドに立ったリリーフの藤江が誤算。
先頭を四球により出塁を許し、2本のヒットで1点を失う。

これにより、先発の三浦の勝ち星が消滅してしまう。
裏の攻撃でラミレスが値千金の2ランホームランを放ち勝負を決するも、
7回まで1失点のエースから白星がこぼれ落ちたのは痛恨。

最終回に山口が三者凡退に抑え、ゲームを締める。
前回の登板で最終回、阿部にホームランを浴びた悪いイメージを払拭。
明日以降、気持ち良くマウンドに上がることができそう。

カード初戦をエースで取った事は大きい。
5カードぶりの勝ち越しを目指して試合に挑んでもらいたい。
98年V戦士のレギュラー選手、石井琢朗が今期限りでの引退を表明した。
これで残る現役レギュラー野手は谷繁ただ一人となった。

現在は、広島の支配下選手枠から外れて、コーチとして一軍に帯同。
出来ることならば、シーズン終盤の横浜戦で最後の勇姿を見せてもらいたい。

ベイスターズ生え抜き選手として二千本安打を放った名球会プレーヤー。
投手としてドラフト外入団。内野手に転向後レギュラーに定着。
遊撃手でリードオフマンとして盗塁王にも輝く。
瞬足巧打強肩の選手として、ベイスターズファンから愛された選手。
チームの顔として長年、横浜を引っ張ってきたキャプテンシーを合わせ持つ。

将来的には指導者として横浜のユニホームを着て欲しいV選手の先頭格。
最後にもう一度、横浜スタジアムで「タクローコール」を聞かせてもらいたい。
DeNA 3-11 巨人 

(中) 荒波 .276
(二) 内村 .257
(右) 石川 .285
(左) ラミレス .299
(三) 筒香 .215
(一) 後藤 .267
(遊) 梶谷 .176
(捕) 高城 .194
(投) 加賀美 


今日の先発は加賀美。
前回の先発登板で結果を残し、再び先発のマウンドを手にした。
今日の内容次第では、ローテーションの一角を手にするチャンス。

しかし、立ち上がりからピリッとしない。
初回に味方のエラー絡みで1点を失う。

続く2回も、巨人打線を食い止めることができない。
4本の長短打に加え、
内野連携も上手くいかず、一気に5点を失う。

3回には村田にソロホームランを喫する。

3回を投げ、合計7失点。先発としての仕事を果たせずマウンドを降りる。
このあとのリリーフ陣もピリッとせず、
終わってみれば11点を失う完敗劇。

昨日のサヨナラ勝ちでムードよく試合に挑むも、返り討ちに合ってしまった。
唯一の救いは、昨日の殊勲筒香が8回にホームランを放ち、調子が上がってきたこと。

来週からは、地元横浜での阪神3連戦。
エース三浦を擁して、
5位と低迷するタイガースを相手に
ひとつでも勝ち星を稼ぎたいところ。

調子の上がってきた筒香の爆発に期待したい。
DeNA 5-4 巨人 

(中) 荒波 .280
(二) 内村 .248
(右) 石川 .287
(左) ラミレス .301 
(三) 筒香 .213
(一) 小池 .215
(遊) 梶谷 .181
(捕) 高城 .182
(投) 田中 

今日の先発は田中。
今シーズン2度目の先発のチャンス。
プロ入り5年目、勝負の年。
なんとか首脳陣にアピールしたいところ。

初回・2回は三者凡退と無難な立ち上がりを見せる。
しかし3回四球出だしたランナーを盗塁とワイルドピッチで3塁まで進められる。
長野に犠牲フライを打たれ、均衡が敗れる。

4回には坂本にソロアーチを浴びる。さらにこの回もう1点失う。
田中は結局5回で降板となる。
浴びた安打は3安打ながらも3失点。
先発としての仕事を果たすことはできなかった。

ファームと一軍の中継ぎで結果を残してきた田中。
もう一度登板の機会が与えられるか微妙な立場。
先発・中継ぎ問わず、今シーズン中になんとかプロ2勝目を上げてもらいたい。

昨日は内海にあわやノーヒットノーランを喫するところだったベイ攻撃陣。
今日の試合では粘り強く3点のビハインドを跳ね返す。

5回に高城のヒット、田中の代打渡辺直のタイムリーツーベースで1点を返す。
7回には4連打で1点を返すと、ツーアウト満塁の絶好の場面で
4番ラミレスが値千金の逆転タイムリー。

8回をリリーフ藤江が締め、最終回を守護神山口に託す。
しかし、阿部にストレートをものの見事にライトスタンドに運ばれてしまう。
守護神で最終回を守りきれず、試合は延長戦へ。

10回も2イニング目を任された山口がなんとかゼロに抑え、
時間の都合で横浜の負けはなくなり、
あとはサヨナラ勝ちできるかどうかの展開。

10回先頭の内村が粘りに粘り四球を選ぶ。
石川がバントで送り、サヨナラのランナーを得点圏に送る。
代打の後藤が敬遠され、筒香に打席が回ってくる。

この日、初回・4回もランナーを1・2塁に置いていずれも三振に倒れていた筒香。
10回のこの打席で結果を残さないと、相手チームの勝負弱い印象を与えかねない。
目の前で後藤が敬遠され、スラッガーとしてはどうしても結果が欲しい場面。

緊迫感高まる絶好の場面、
初球の変化球を見事に捕らえて、
右中間に意地のサヨナラタイムリー。

プロ入り初のサヨナラ打。
ベイスターズにとっても4月以来の今シーズン二度目のサヨナラ勝ち。

全員野球で見事に逆転試合での勝ち星。
連敗を3で止める。

レジェンドユニホームシリーズと銘打たれた横浜での3連戦。
来週末の東京ドーム巨人3連戦と合わせた計6試合。
夏休み最後に子供のみならずオールドファンへのサービス。
ベイスターズは1998年の優勝ユニフォームで臨む。
まずは一勝。シリーズ6戦を五分以上の勝ち星で乗り切りたいところ。

首位巨人相手に五分以上の戦いをするためにも、
あすの試合を勝利して、アドバンテージを持って来週の東京ドームに乗り込みたい。
マウンドには先週先発勝利した加賀美。
日曜日の登板が板につくようだとチームのローテーションも固まる。
続けて結果を残してもらいたい。
DeNA 1-3 巨人 

(中) 荒波 .282
(二) 内村 .255
(三) 筒香 .213
(左) ラミレス .296
(一) 後藤 .282
(右) 森本 .254
(遊) 梶谷 .184
(捕) 高城 .138
(投) 国吉 


今日の先発は国吉。
しかし苦手の立ち上がりに捕まってしまう。

四球と3本の長短打で3失点。
首位ジャイアンツ相手にいきなりのビハインド。
先発の内海にラクラクピッチングを許す。

チーム力の差がそのまま反映した試合。
7回2アウトまでノーヒットに抑え込まれてしまう。
あわや、今シーズン2度目の無安打無得点試合を喫するところ。
なんとかラミレスのサード強襲安打で逃れるも、
攻撃陣は森本のソロホームランを含む3安打放つのがやっと。

点差以上に実力差を感じさせられた。
優勝を目指すチームと、大義を失ったチーム。
試合に挑む意識の差も大きく作用する。
投手も打者も粘り強さを感じられない。

今日の試合からチームキャプテンの石川が復帰。
途中出場ながらもグランドで元気な姿を見せてくれた。
絶好調時に故障を負って無念の戦線離脱となった石川。
チームに覇気を与えるプレーを期待したい。

ファースト後藤
サード筒香
ショート石川
センター荒波
ライト小池

先発に横浜高校出身選手をズラリ5人並べることも夢ではない。
実力的にもスタメンを張って遜色はない。
スタジアムの雰囲気をガラリ一変するためにも
主砲中村ノリが復帰するまでに一度は試してもらいたい。
広島 2-1 DeNA 

(中) 荒波 .284
(二) 内村 .260
(三) 筒香 .217
(左) ラミレス .296
(一) 後藤 .290
(右) 森本 .253
(遊) 梶谷 .188
(捕) 鶴岡 .188
(投) 高崎 


今日の先発は高崎。
攻撃陣の援護に恵まれない投球が続く。
今日は守備でも味方に足を引っ張られる形となってしまう。

初回にサード筒香とセカンド内村が
得点圏にランナーを置いた場面で痛恨のタイムリーエラー。
いきなりの2失点。

このあと粘り強く8回まで得点を許さず投げきる。
しかし、攻撃陣は高崎の登板する試合では沈黙してしまう。

今日も2回に3本のヒットでようやく1点を返すに留まる。
相変わらずのめぐり合わせの悪さ。

好投報われずに5勝9敗。
シーズンは終盤に差し掛かり、
勝ち星を五分に戻すためにも負け数を増やしたくない時期。
今日の黒星はそう言った意味でも痛恨。

広島との3連戦も結局負け越し。
明日からは週末巨人3連戦と、週明けには阪神との3連戦。
夏休み最後のホームゲーム6連戦。
多くの子供たちの入場が予想される。
なんとか、横浜スタジアムで野球の熱さの伝わる試合を見せてもらいたい。
広島 3-0 DeNA 

(中) 荒波 .287
(二) 内村 .270
(三) 筒香 .212
(一) 後藤 .308
(右) 金城 .242 
(左) 森本 .253
(遊) 梶谷 .193
(捕) 鶴岡 .180
(投) 藤井 


今日の先発はベテランの藤井。
苦手広島から連勝するチャンスを活かしたい。

初回に1点を失うも、2・3回は立ち直り無失点で切り抜ける。
しかし、広島の先発野村に打線が抑え込まれ、
いつものように打線の援護が得られない。

4回に2点を失い、信条の粘りのピッチングも見せれれない。
ビハインドのまま6回を投げきり3失点で降板。

攻撃陣も今日は完全に沈黙。
野村に7回を零封されると、広島の強力リリーフ陣にも得点を奪えず。

6回以降の終盤は毎回安打を放ち、
攻撃の糸口を掴む事は出来ている。
あとはチャンスでの決定力。

3点差を一気に詰めることは難しい。
1点ずつ返していくことが、勝利への可能性を大きくする。
今日の試合で言うならば、6回の攻撃。

先頭の荒波のヒットと、内村のセーフティーバント成功で
ノーアウト1.2塁のチャンス。
ここから、クリーンアップの筒香・後藤・金城が
いずれもフライアウトに倒れる。

ランナーを進めることも出来ずに得点機を逸する。
一気に同点とすることができれば、それに越したことはない。
しかし、防御率1点台のピッチャー相手に大量得点する可能性は大きくない。

6回の内村の走力を活かした攻撃は効果的。
好投手相手の時は一打席ワンアウトを無駄にせず、
ランナーを進塁されることを意識して打席に立つことも必要。

今日はラミレスが先発から外れ、休養日。
後藤が4番を努めた試合。
1番から9番までノーサインで打席に立たせる程の
ネームバリューを持った選手はラインナップされていない。

勝利するためのチームプレーを強要する采配も時には必要。
中畑監督のエゴ丸出しと思えるようなリーダーシップも見せてもらいたい。
広島 2-3 DeNA 

(中) 荒波 .284
(二) 内村 .260
(三) 筒香 .216
(左) ラミレス .294
(一) 後藤 .328
(右) 金城 .246
(遊) 梶谷 .198
(捕) 高城 .148
(投) 三浦 


今日の先発はエースの三浦。
相手投手も広島のエース前田健太。
今シーズン、ノーヒットノーランを喰らった因縁の相手。
また、広島のホームゲームで勝ち星を上げていないベイスターズ。
今日の試合を勝利できれば、これまでの負け分を取り返す足掛かりにできる。

試合は初回から点数が動く。
荒波がヒットとエラー絡みで3塁まで進塁。
筒香のセカンドゴロで1点を先制。

1回裏、三浦はソロホームランを喫し同点とされる。
2回には絶好調の後藤が勝ち越しソロホーマー。

このあと両投手がエースの意地を見せる粘りのピッチング。
決して調子が良いわけでもなく、
毎回のようにヒットを打たれながらも
決定的な一打を許さない。

しかし、三浦が6回に同点に追いつかれてしまう。
7回の攻撃で1アウト2・3塁の大チャンスを迎え、三浦は代打を送られ降板。
このチャンスもスクイズ失敗で逃し、三浦に勝ち投手の権利は生まれなかった。

同点の8回に筒香が値千金のソロホームランをライトスタンドの叩き込む。
これが決勝点となり、今シーズンマツダスタジアムで初勝利を上げる。
苦手前田健太から、後藤・筒香の横浜高校コンピによるアベックホームラン。

3連戦の初戦、相手エースを打ち砕いての勝利。
3勝12敗と広島にカモにされているベイスターズ。
少しでも借りを返しておきたい。できれば3連勝を狙ってもらいたい。
中日 0-2 DeNA 

(中) 荒波 .282
(二) 内村 .272
(三) 筒香 .215
(左) ラミレス .297
(右) 下園 .248 
(一) 小池 .225
(遊) 梶谷 .195
(捕) 高城 .130
(投) 加賀美 


今日の先発は加賀美。
7月に一度与えられた先発のチャンスを活かしきれず、
前回のリリーフ登板で今シーズン初勝利を手にする。

再び与えられた先発の機会。
なんとか結果を残してローテーションの一角に食い込みたいところ。

初回から制球力抜群の安定した投球を見せる。
3回をパーフェクトピッチングで切り抜ける。

4回に死球、5回に初安打を先頭打者に許すも後続をきっちりと抑える。
結局9回まで投げきり、許したランナーは4人。
無失点のプロ入り最高と言って良いピッチング。

攻撃陣も援護したいところだったが、
中日先発の山内に9回まで無失点に抑え込まれる。

9回を投げきり、延長10回の攻撃。
ワンアウトから加賀美の打席でルイーズを代打で送るも見逃しの三振。
この回得点できないと、加賀美の先発勝利の権利が消えてしまう。
2アウトまで追い込まれ荒波もピッチャー前に力ない打球。
しかし、瞬足を活かし内野安打とする。

続く内村の打席で、荒波が価値ある盗塁を決める。
警戒される中でのスチール。
得点圏にランナーを送ることで、相手投手には大きな重圧が掛かる。
この流れに乗り、内村が価千金のライト前タイムリー。

足で稼いだ得点が今日の決勝点となる。
守りが固い中日戦では走塁による攻撃がキーポイント。
延長10回2アウトから1・2番コンビの速攻。
印象に残る攻撃を苦手ナゴヤドームで仕掛けられたことが大きい。

次戦以降、厳しいマークされるようになれば、
精神的アドバンテージを得ることができる。
今日のような攻撃が来週以降も続けられれば、
ベイスターズの新たな武器として売り出せる。
12球団でも上位に位置づけるチームは1・2番を固定して戦えることが条件になる。
荒波・内村が今シーズン終了まで固定して戦えることができるか、注目したい。

先発で登板した加賀美に白星がついたことも大きい。
ブランドンの登板予定試合を奪い取った形での先発。
結果を残したことは、当然ブランドンにも競争意識を与えられる。

プロ入り2年目がローテーションを獲得することができれば、
国吉などの若手投手陣に大きな刺激となる。
チームの活性化も期待できそうな今日の好投。
次回登板を楽しみにしたい。
中日 4-3 DeNA 

(中) 荒波 .277 
(二) 内村 .273
(三) 筒香 .218
(左) ラミレス .295
(一) 小池 .232
(遊) 渡辺直 .217
(右) 森本 .248
(捕) 高城 .105
(投) 国吉 

打線の中心中村ノリがまさかの戦線離脱。
勝負強さを見せてきたベテランが一軍登録抹消される。

まして中日相手と、大量点を期待できない。
そんな中、今日の先発は国吉。
不安定な立ち上がりに捕まり、2ランHRを浴びてしまう。
2回にも長打2本で1失点。

3回以降は立ち直り7回までを無失点で切り抜ける。
しかし、打線が中日先発の岩田に抑え込まれてしまう。

6回に荒波・筒香の横浜高校コンビで1点を返すも
8回の中日の追加点が横浜DeNAベイスターズにとっては致命傷。

3点差とされ、9回の猛追も2点止まりで。
昨日に続き1点差での敗戦。

惜敗のように見えてしまうのが中日の試合巧者ぶりが浮き立つ。
最終回の追いつかない程度の反撃で、ファンとしてはある程度楽しめる。
この心理は当然戦っている選手たちにもあり、
帳尻合わせをしたかのような錯覚を生む。

プロ野球として魅せるゲームは出来たと満足することが
次の試合に向けてマイナスに働く。
最終回の追い上げは球場のムードをヒートアップさせる。
試合内容をストーリー仕立てにすると、
ラストの盛り上がる場面を用意することができたようなもの。

たとえ負け試合でも、なんとなく納得させることができたと勘違いを起こす。
プロの試合なのだから、毎試合勝つことは不可能でも、
面白い試合を提供することは出来る。
そう言った意味での充実感を満たす結果。

しかし、結果的には2試合連続1点差負け。
接戦を確実にモノにする中日との
チーム力の差を痛感せずにはいられない。

1点取ることと、1点を守ることは同義。
守りの面でも簡単に失点を重ねないように集中してもらいたい。
中日 4-3 DeNA 

(中) 荒波 .274
(二) 内村 .286
(三) 筒香 .217
(左) ラミレス .292
(一) 後藤 .333
(遊) 渡辺直 .222
(右) 森本 .248
(捕) 高城 .111
(投) 小林太 


今日の先発は小林太。
しかし立ち上がりからヒットを集められる。
初回は2安打され1失点。
2回も4本のヒットを浴び1失点。

このあとなんとか立ち直り味方の逆転を呼ぶ。
2回から4回まで1点ずつコツコツと返す。

1点差で勝ち投手の権利を得て6回のマウンド。
3本のヒットを重ねられ、2点を奪われ逆転を喫する。

7回以降は中日のリリーフ陣、
ソーサ→山井に無安打に押さえ込まれ敗戦。

試合終盤の中日の守りの固さを打ち破るのは難題。
中盤に逆転してからの失点が響く。
攻撃力は五分以上といえるオーダー。

先発小林太は試合の要所を締めることができなかった。
これが敗戦に繋がってしまう。
6・7回のピッチングで粘ることができれば勝ち星も増える。
我慢して使い、先発としての試合配分を掴んでもらいたい。

この課題をクリアできなければ、先発ローテーションを任せるのは厳しい。
ベテラン藤井のように、5回まで投げ切れば良しとすると
将来的に伸びしろがなくなってしまう。
今与えら得ているチャンスを最大限に活かしてもらいたい。

今日の収穫は高卒ルーキーの高城にプロ初安打が生まれたこと。
これで明日から気持ちよくマスクをかぶることができる。
ルーキーの伸び伸びとしたプレーでチームに勢いを与えてもらいたい。
DeNA 4-4 阪神 

(中) 荒波 .278
(二) 内村 .275
(三) 筒香 .218
(左) ラミレス .293
(一) 後藤 .358 
(右) 金城 .243
(遊) 渡辺直 .228
(捕) 鶴岡 .178 
(投) 高崎 


今日の先発は高崎。
前回の登板では援護に恵まれず、1失点ながらも負け投手。
好投が報われなかった次戦は粘り切れず失点を重ねるパターン。

今日も4回まで毎回安打を打たれる苦しい投球になってしまう。
3回には4本のヒットを重ねれれ、3失点。
その後はなんとか踏ん張り、攻撃陣が6回に逆転する。

無念にも、7回にソロHRを浴び白星を逃してしまう。
なんとか高崎に勝ち星を付けたかったところ。
試合は同点のまま延長10回を戦いドロー。

攻撃陣の柱、中村ノリが右肘痛で欠場。
絶好調の後藤は足を痛め途中交代を余儀なくされる。
両選手とも明日の出場は問題ないとの報道。

軽い怪我でも、油断をすれば大事に至ることもある。
選手のコンディションには十分配慮してもらいたい。

DeNA 11-5 阪神 

(中) 荒波 .278
(二) 内村 .276 
(三) 中村 .295
(左) ラミレス .296
(一) 筒香 .212
(遊) 渡辺直 .227
(右) 後藤 .347
(捕) 鶴岡 .181
(投) 藤井 


ベテラン藤井が登板する試合は攻撃陣が活発になる。
今日もご多分に漏れず、5回を終わった時点で8得点を上げる。

藤井はこれも、いつも通り5回を投げきり降板。
6安打を浴びながらも、2失点に食い止める。

6回にリリーフ陣が3点を失い、3点差まで追い上げられるも、
この日は攻撃の手を緩めない。

中村ノリのソロホームランと、8回の連打で点差を広げる。
リリーフ陣も6回以降の終盤を無失点で切り抜ける。

藤井は7勝目を手に入れる。

今日の試合は地元横浜高校出身選手の活躍が目立った。
2回一死満塁から走者一掃のスリーベースを打った荒波。
3回ソロホームランを放った後藤は本職のサードではなくライトでの出場。
5回に約2ヶ月ぶりの6号ホームランを右翼に叩き込んだ筒香。

筒香は手首痛を発症してから、豪快な一打が見られなくなっていたので、
今日の一本はファンにとっても朗報となった。

あすの先発は日産自動車からベイスターズ入団の地元ゆかりの高崎。
前回の登板では7回1失点ながらも攻撃陣の援護なく負け投手。
今日の藤井のように打撃陣が得点を重ねることができれば、
現在の5勝8敗の成績は逆になっていてもおかしくない。
今シーズン終了時には五部以上の勝ち負けに戻したい。
明日の試合は攻撃陣の援護に期待したい。

DeNA 1-3 阪神 

(中) 荒波 .277
(二) 内村 .288
(三) 中村 .297
(左) ラミレス .293
(右) 筒香 .206
(遊) 渡辺直 .224
(一) 後藤 .304
(捕) 高城 .000
(投) 三浦 



今日の先発はエースの三浦。長野での遠征試合を勝って横浜に帰りたいところ。
3回まで一人のランナーも出さない完璧な立ち上がりを見せる。

3回裏の攻撃で先制点を取るチャンス。
ワンアウトから荒波がヒットで出塁。
ランナーを得点圏に送りたいところ。
盗塁・バント・エンドランなどいろいろ考えられたが、
2番内村はあっさり内野フライに倒れてしまう。
このあと、中村ノリの2ベースで、荒波が一気にホームを狙うも
クロスプレーで惜しくもアウト。

内村のワンアウト分が全く無駄、
打線のつながりが作れなかったのが痛恨。

4回の阪神攻撃は死球・バント・タイムリー。
ベイとは対象的な無駄のない流れで先制されてしまう。

このあとも三浦は粘りのピッチング。
しかし、8回についに捕まってしまう。
3ベース・2ベース・ヒットの3連打で2点を失い、ここで降板。

攻撃陣の援護に恵まれず、7敗目を喫してしまう。

エースの登板試合。首脳陣も当然3連勝を計算していたが、
残念ながら、勝ち星を連ねることはできなかった。

明日からはホーム横浜に戻り、2連戦。
ベテラン藤井が予告先発。
粘りの投球に打撃陣が応えてもらいたい。

DeNA 10-6 中日 

(中) 荒波 .277
(二) 内村 .304
(三) 中村 .291
(左) ラミレス .293
(右) 筒香 .210
(遊) 渡辺直 .230
(一) 後藤 .295
(捕) 高城 .000
(投) ブランドン 


今日の先発はブランドン。高卒ルーキー高城とのバッテリー。
筒香は昨日に続きスタメンに名を連ねる。

先発ブランドンがピリッとしない。
初回に失点すると、リズムに乗れないまま4回途中まで5失点。
あっという間に味方の援護点を食いつぶしてしまう。

しかし、攻撃陣はコツコツと反撃。
5回・6回にソロHRで1点ずつ返し、得点差を詰める。

4回途中で降板したブランドンの後を継いだリリーフ陣が踏ん張り、
得点差1で7回の攻撃を迎える。

代打の金城・下園の連打でチャンスを広げると、
1・2番コンビの荒波・内村も続き、4連打で同点に追いつく。
中村ノリの犠牲フライで逆転に成功。
ラミレスが倒れたあと、筒香がタイムリーで得点差を広げる。

8回も追加点を上げ、見事な逆転劇で試合を制する。

打線のつながりを見せた攻撃陣、
先発失敗を無失点で切り抜け試合を壊さなかったリリーフ陣。

代打ホームランのルイーズ。
金城・下園の代打での連続ヒット。
林→加賀美→藤江→山口の零封リレー。
4安打固め打ちの荒波。
2犠飛を含む4打点の中村ノリ。

チーム一丸となって勝利を掴んだ価値ある試合。
奥州遠征を中日2連戦を連勝し、
1日空けて長野での阪神戦。

遠征先でのチームムードも良く、
一日のオフも気持ちよく過ごす事が出来る。
このまま連勝を伸ばすことができるか注目したい。
DeNA 9-2 中日 

(中) 荒波 .269
(二) 内村 .288
(三) 中村 .290
(左) ラミレス .293
(右) 筒香 .210
(遊) 渡辺直 .234
(一) 後藤 .310
(捕) 高城 .000
(投) 国吉 


今日の先発は国吉。マスクを被るのは前回に引き続き高卒ルーキー高城。
筒香が1軍復帰し、即スタメンと、フレッシュな顔ぶれ。

初回に2番荒木に四球を与え、2アウトから森野に2ベースを打たれるも
守備陣の中継プレーで荒木をホームでタッチアウトに取ると勢いに乗る。
このあとの国吉はいつもの制球難が影をひそめる。

高卒ルーキー高城との息が会い始めたのだろう。
2・4・5・6回と三者凡退に切って取る好投。
7回を投げ、4安打3四球2失点と安定したピッチングを見せる。

打線も6回に後藤が値千金の3ランホームランで援護。
ファームでの調整から復帰したばかりの筒香が4安打2打点の固め打ち。
荒波も2安打と、横浜高校勢が大活躍を見せる。

今日の4安打で打率を.210まで戻した筒香。
このあと再び1割台に落とすことがないように1打席も無駄にせず食らいついて欲しい。
去年痛めた手首はどこまで回復したのか不安材料は残る。
一時は手術の可能性も報道された古傷。慢性化しないことを祈る。

4安打全て単打と、完全復調にはあと一歩。
アベレージヒッターとして調整してきたわけではないだろう。
外野スタンドにアーチを架ける本来の姿を見せてもらえれば、
ファンに燻る怪我への不安も一掃される。

明日以降、この調子が続けば、とうとう大器の覚醒となるか。
5月の復帰戦でもスタートダッシュを決め、ファンに夢を持たせたが、
その後の大スランプにファンの期待は一気にしぼんだ。
今度こそ、横浜DeNAベイスターズの4番候補としての姿を見せてもらいたい。

今季2勝目を手にした国吉。
こちらも将来のエース候補。
今日のようなピッチングを続けることができると、
守備につく選手も気持ちよく攻撃に移れる。

今日の勝ち星で長いトンネルから抜け出すことができるよう、
次戦以降のピッチングも粘り強さを見せてもらいたい。

高卒ルーキーの高城。
まだ、プロ初ヒットが生まれず、打率は0割のまま。
そろそろ、一本放ち、精神的に楽になりたいところ。
スコアボートの打率表示はどうしても目に入ってしまう。
本職のインサイドワークに専念するためにも
どんな形であれ、「H」ランプが点灯することを祈る。

筒香・国吉・高城の若手陣がチームを引っ張ることになれば、
今までにない活気が生まれてくる。
ベテラン・中堅選手に刺激を与えるようなプレーを期待。
ヤクルト 1-0 DeNA 

(中) 荒波 .265
(二) 内村 .286
(三) 中村 .287
(左) ラミレス .294
(右) 金城 .246
(遊) 渡辺直 .243
(一) 後藤 .316
(捕) 鶴岡 .185
(投) 高崎 



今日の先発は高崎。前回5勝目を上げ、勢いそのままに連勝したいところ。
しかし、初回の攻防が試合の明暗を分ける。

ベイスターズは先頭の荒波が四球で出塁も盗塁失敗。
その後2本のヒットが生まれるも、この回無得点。

一方のヤクルトは先頭打者ミレッジの2ベースを足がかりに
送りバントを挟み、タイムリーヒットでそつなく1得点。

この1点が試合を決めてしまう、まさかのスミ1。

7回を投げ、7安打を許しながらも粘り強いピッチングを見せていた高崎。
勝ち試合に等しい内容も結果が伴わないもどかしさ。

なぜか、攻撃陣の援護に恵まれない。
7回を86球と余力十分での降板。1失点にも関わらず代打を送られる。
めぐり合わせの悪さとはいえ、高崎にとってはモチベーションにも関わる。

初回の荒波の盗塁死は積極的に得点を取りに行った結果なので、責められない。
無死からランナーを出した4回と7回の好機を生かしきれなかったのが痛恨。

今日のように勝ちに等しい投球をした次の登板では
打ち込まれてしまうことの多い高崎。
仕方がないとは言え、精神的に切れないよう、粘り強いピッチングを期待したい。
ヤクルト 3-2 DeNA 

(中) 荒波 .263
(二) 内村 .288
(三) 中村 .284
(左) ラミレス .294
(一) 後藤 .314
(遊) 渡辺直 .252
(右) 金城 .245
(捕) 高城 .000
(投) 小林太 


今日の先発は小林太。7月に入ってからローテーションに入り、3戦目。
前回は5回4失点と結果を残せなかったため、
今回の登板で首脳陣にアピールしたいところ。

初回、荒波の盗塁を絡め、効率よく中村ノリのワンヒットで先制。
裏のピッチングで四球を2つ出し、2アウトから同点タイムリーを許す。

2回からは毎回ランナーを許すも4回まで無失点で切り抜ける。
5回にソロホームランで逆転される。
7回には初回と同様に死球・四球と制球を崩し、犠牲フライを打たれ、
ノーヒットで1点を失ってしまう。

この回を投げきって降板。
7回4安打ながらも、6四死球と制球難を見せてしまう。
3失点は先発としては合格ライン。
あとはテンポよくピッチングすることで、
味方打線にリズムよく攻撃に入れるようにしてもらいたい。

打線はヤクルト戦で5割以上の打率を残す中村ノリが
8回も今日2本目のタイムリーを放ち1点差まで追い上げるも、
反撃はここまで。

1点差での惜敗。
1・2番の荒波・内村がそれぞれ1盗塁決める。
今後も走れるチャンスでは、積極的に狙ってもらいたい。
ヤクルト 1-10 DeNA 

(中) 荒波 .262
(二) 内村 .286
(三) 中村 .281
(左) ラミレス .298
(一) 後藤 .355
(遊) 渡辺直 .263
(右) 小池 .220
(捕) 鶴岡 .189
(投) 藤井 



今日の先発はベテラン藤井。リズム良い投球で攻撃陣の援護をもらいたい。
2回にいきなりワンアウト満塁のチャンス。
ショートゴロのゲッツー崩れで1点を先行。

続く3回には中村ノリの2ランホームランが飛び出す。

5回までに毎回ランナーを背負う中、失点は4回に1点のみの我慢の投球。
6回からはリリーフ陣にあとを託す。

7回に今日4安打と大活躍の内村が2点タイムリーで突き放すと、
8回は打者一巡の攻撃で試合を決める。

10得点の解消で連敗を止める。
ベテラン藤井はきっちりと6勝目を手にする。

今シーズン初めて、後藤・小池の横浜高校コンビがスタメンに名を連ねる。
それぞれ1安打に留まるも、快勝に一役買った。
明日のヤクルトの先発は右腕の七條。
共にスタメンに名を連ねることにはなりそうもないが、
チームに勢いを与える仕事を期待したい。
今回のロンドンオリンピックでは男子選手がまさかの金メダル獲得ゼロ。
柔道競技がオリンピックに採用されてから初めての屈辱。

これは、長く優勝旗から見放されている大相撲日本人力士の凋落と重なる。
大相撲の部屋別の対抗意識・・・柔道も同様に国内選手の派閥争いに終始している。

五輪で実績を残してきた選手の遺産が後進に伝えきれていない。
野村やヤワラちゃんの精神的・肉体的ピーキング技術は
今回出場した選手からは感じられることはなかった。

能力が傑出した個人選手の台頭に希望を託すのは、
首脳陣が全く策を打たないと同義と言える。

水泳バタフライの松田選手がメドレーリレー後のインタビュでの一言が印象的。
「康介さんを手ぶらで帰らすことはできない。」
この一言が柔道界からも聞こえるようになれば理想的。

柔道選手団も水泳日本代表のようにチームとして戦わなければ、
今後世界の舞台で結果を残すことは厳しい。

日本人はチーム戦として試合に挑む方が民族性にマッチしている。

相撲でも日本人力士でまとまって外国人力士の対抗策を練るなどの機運が見られない。
それでは、優勝から遠ざかるばかり。
日本人力士で強力なリーダーシップを取れる人の台頭が望まれる。

柔道も同様。
国内を勝ち抜くことの厳しさでライバル関係がこじれて、
これまでの世界選手権などで手にした実績に対する上積みが
国内選手全体の底上げにつながっているようには見られない。

嘉納治五郎杯のように、国内限定戦を世界戦にする
(各国の審判を再教育を含め)などの策も必要。
日本柔道の極意こそが柔の道の目指すべき本筋であることを示すためにも、
一本に対する美学を世界にもっとアピールする必要がある。

レスリングまがいの帯を持ってのすくい投げに美しさは感じられない。
美しい柔道でスポンサーを獲得できるようなマーケットが出来れば
世界柔道の流れも変えられる。

国内選手権のオープン化(賞金を出して実質プロ化も含めて)で
外国人選手を呼び込むことも一考。
日本柔道の活気を取り戻すためにも、改革に乗り出す時期に差し掛かっている。

世界戦にすることで、日本人選手団にチーム意識が芽生えることに期待したい。
優勝旗が国外に流出する屈辱だけはなんとしても避けたい。
そういったシンボルが選手を結束させるためには必需といえる。

また、日本チャンピオンイコール世界チャンピオンと言えるのか、
はっきりと国内の選手ファンに占めることも必要。
井の中の蛙、籠の中の鳥、ガラパゴス化など叫ばれる日本柔道界。

対世界の構図をはっきりと打ち出して、敵は外にあるという認識を強く持たせることが必要。

背筋をピンと張った荘厳さ・威圧感を醸し出していた日本選手が
猫背で丸まり、自信を失いつつあるよう姿勢で畳の上に立つ。

外国選手が一目置く存在であり続けるには、ここが正念場。
次の世代の若手育成には、やはり、現役選手の活躍がなくては夢がつながらない。
日本柔道の再建は身近に起こった大相撲の凋落を参考にする必要がある。

「柔道のグローバル化」を「民族意識への回帰」といった
内向きの感情を利用して打破してもらいたい。
DeNA 1-2 巨人 

(中) 荒波 .265
(二) 内村 .235
(三) 中村 .280
(左) ラミレス .299
(一) 後藤 .385
(遊) 渡辺直 .263
(右) 金城 .245
(捕) 高城
(投) 三浦 


今日の先発はエースの三浦。
相手投手は二十歳の宮國。力関係からもしっかりと白星をあげたいところ。

序盤から投手戦の様相。
三浦が4回を内野安打1本に抑えると、宮國はノーヒットと、互角の投球。
しかし、5回2アウトから長野のセカンドゴロがセーフの微妙な判定。
中畑監督が猛抗議を見せるも判定は覆るはずもなく、
続く松本の打席で長野の盗塁を許し、2・3塁のピンチを背負う。

ここで、痛恨のタイムリーツーベースを喫して2点を失う。

裏の攻撃で好調後藤が2試合連続のアーチで1点を返すも、
今日の打線は三浦を援護できない。
7回の内野安打1本がやっとのお寒い状況。
結局2安打に封じ込まれてしまう。

三浦もピンチらしい場面は5回の疑惑の判定のみ。
抜群の投球内容を見せていたただけに、審判への不満も募る。

最終回、相手エラーと四球でノーアウト1・2塁と絶好機も、
4番ラミレスが最悪のショートゴロゲッツー。

1番頼りになるバッターではあるが、
最もダブルプレーの可能性が高いのも事実。
シーズンを戦う上で、監督自らバントをサインを出すことは躊躇われる場面。
4番とベンチとの確執にも成りかねない。
注文通りの内野ゴロとなるにしても、
進塁打の可能性が大きい右打ちをしてもらいたかった。
ラミレスがチームバッティングに徹することができれば、
あとに続く選手たちの意識も変わってくる。
ベテラン選手の一人として、チームを引っ張る姿勢を見せて欲しかった。

ホームでの巨人戦をスイープされてしまう。
首位を独走する球団との力関係がそのまま3連戦に反映。
勝てる可能性が最も高い今日の試合を落としたことは痛恨。

来週は神宮から甲信シリーズと横浜スタジアムを離れる遠征に入る。
疲れもたまる夏場の試合、なんとか連敗ストップしホームに戻ってきてもらいたい。
DeNA 2-9 巨人 

(中) 荒波 .269
(二) 内村 .255
(三) 中村 .279
(左) ラミレス .303
(一) 後藤 .391
(遊) 渡辺直 .272
(右) 金城 .247
(捕) 鶴岡 .188
(投) ブランドン 


今日の先発はブランドン。
新外国人クレイマーと入れ替わりで1軍先発マウンドに復帰。
しかし、せっかくのチャンスを活かしきれない。

初回に早々の2失点。
2回は3者三振と、調子を取り戻すかに思われたが、
3回も2失点と、立ち直れず。

4回を投げきったところで、代打を出せれ、降板。
首脳陣の期待に応えることはできなかった。

7点差の最終回に山口が調整登板。
一昨日の試合で広島會澤選手の頭部に危険球をぶつけてから
精神的に立ち直ることができるのか注目されたマウンド。

しかし、3本のヒットを浴び、1失点とピリッとしない結果。
ベンチとしても、信頼してクローザーを任すことができるか迷う内容。

ほとんど収穫のない試合となってしまった。

唯一の明るい材料は、後藤が移籍後初ホームランを放ったこと。
後藤がクリーンアップに入り安定した仕事をしてくれると、
中村ノリ・ラミレスへの負担が減る。

地元横浜高校出身の選手の活躍はファンとしても喜ばしい事。
チームの勝利に貢献する働きを期待したい。

気になるのは、新外国人クレイマーとともにファーム落ちした黒羽根。
怪我などの報道は目にしないので、打撃を一から作り直す事となったのだろう。
12球団一とも称される強肩は、キャッチャーとしての魅力十分。
高卒ルーキーの高城と入れ替わりで二軍調整となってしまったが、
なんとか結果を残して這い上がってきてもらいたい。
再び、番長三浦との息の合ったバッテリーを復活することを強く望む。

DeNA 1-4 巨人 

(中) 荒波 .271
(二) 内村 .256
(三) 中村 .280
(左) ラミレス .303
(一) 後藤 .368
(遊) 渡辺直 .281
(右) 金城 .251
(捕) 高城 .000
(投) 国吉 

先発は国吉。女房役に高卒ルーキー高城を起用。
同年代コンビを組ませることで、国吉に刺激を与える采配。

しかし、肝心の国吉がピリッとしない。
制球がままならず四球を連発。
毎回ピンチを背負う苦しいピッチングを余儀なくされる。

序盤4回をなんとか無失点で切り抜けるも、
5回先頭のピッチャー内海に四球を与えると、長打絡みで1点を失う。
続く6回もエラー絡みでツーアウト2・3塁のピンチから、
ピッチャーの内海に2点タイムリーを喫する。

ピッチャーも9番目の打者とはいえ、
2打席連続で特典に絡む働きを許す。
これは、国吉の不注意と言われても仕方がない。

結局7回を投げ、6安打3失点で降板。
四球を7つも与えていては、野手もリズムよく攻撃に映ることができない。
カンフル剤として期待した高城とのフレッシュコンビも機能せず。
将来のエース候補の一人相撲となってしまった。

7回3失点と先発ピッチャーとしては最低限の仕事は果たしている。
しかし、試合を作ることができない。
野球はピッチャーの始動により動き出すスポーツ。
自らリズムを作り出すことができる唯一のプレイヤー。
それゆえに、バックを守る選手たちにストレスを与えることは避けるべき。

四球渦では打者一人にかける時間は長くなり、
どうしても攻撃の集中力は削がれてしまう。
勝ち星を稼げる投手にステップアップするには、
リズムの良いマウンドさばきを身につけてもらいたい。
DeNA 5-2 広島 

(中) 荒波 .272
(二) 内村 .256
(三) 中村 .280 
(左) ラミレス .304
(一) 後藤 .333
(遊) 渡辺直 .291
(右) 金城 .250
(捕) 鶴岡 .192
(投) 高崎 


先発の高崎は初回に1点を失うも、その後は我慢強い投球。
7回を投げ5安打1失点。
裏の攻撃で味方打線が広島外野手のエラーも重なり3点を奪い逆転。
勝ち星の権利が復活する。

8回を藤江が零点に抑え、裏の攻撃で2点を上げ3点差。
セーブが付く条件で一番恵まれた場面での登板となった山口。
しかし、制球が定まらない。

2本のヒットでワンアウト1・2塁のピンチを背負い、
打席には代打の會澤。
制球を乱したまま、フルカウントまで粘られると、
最後は直球が抜けてしまう。

會澤のヘルメットにヒビが入るほどの頭部死球。
倒れ込んだまま起き上がれない會澤。
球場内に救急車が搬入、ホームベース前に乗り付ける緊急事態。

プロ野球において、
球場内に救急車が乗り入れる光景は記憶にない。
それだけ事の深刻さを感じさせる事態。
會澤選手の無事をただ祈るばかり。

5勝目を上げた高崎の粘投も頭から消えてしまう。
見ているファンにとっても大きな衝撃。
当事者となった山口の精神状態も気になるところ。

今後、内角高めの直球を
迷いなく投げ込むことができるのであろうか。
気持ちの面からコントロールを失うようならば、
しばらく間を開けることも必要になりそう。

後味の悪い試合となってしまったが、
苦手広島から今シーズン2勝目。
明日からのホーム巨人3連戦、
五部以上の戦いを見せてもらいたい。

DeNA 0-12 広島 

(中) 荒波 .272
(二) 内村 .229
(三) 中村 .284
(左) ラミレス .304
(右) 金城 .243
(遊) 渡辺直 .280
(一) ルイーズ .192
(捕) 鶴岡
(投) クレイマー 


今日の先発はクレイマー。新加入から真価を問われる先発2戦目。
しかし、初回に売り出し中の堂林に満塁ホームランを浴び、いきなりの4失点。
5回には3失点を重ね、降板となる。

5回途中8安打7失点と、完全に期待を裏切る内容。
まだ、2試合の登板しかないので
答えを出すのは早計かもしれない。
しかし、今日の内容を見る限りでは
同じ左腕外国人選手のブランドンよりも期待できるとは言い難い。

ファームで調整中のブランドンと交代となる公算が大きい。
ハミルトンを切り、内野手のルイーズを獲得。
そのあと、育成選手のための選手枠を新外国人選手のクレイマーで消費。
期待の若手投手冨田の支配下登録は見送られる形になってしまう。

外国人獲得で戦局を打開しようとすることは、
ある種、博打といっても良い。
育成選手をコツコツと育て上げるよりは、
早く結果を出せることも確か。

そのチーム運営に問題があるとは思えないが、
長期的ビジョンでのチーム作りの方向性が見えてこないのも確か。
若手期待の筒香の怪我による戦線離脱も、
昨年5月に負った怪我を手術せず放置した結果の産物。
本人の意向もあるだろうが、将来チームの柱として育て上げるプランならば
故障箇所をしっかり治し、フルスイング出来る体を作り直す遠回りも必要。

国吉にしても、足腰がまだまだ不安定とみるや、
交流戦期間を丸々ファームでの体作りの期間に充てる。
しかし、再昇格してから体つきが変わった様子はあまり伺い知れない。
疲れが取れ、直球に力が戻った感じもあるが、
バラバラだった制球力に変化の兆しは見られていない。

1軍に帯同しながらも、
コツコツと体を改善するトレーニングは継続してもらいたい。
それは、チーム作りにおいても同様。
チームの根幹を成す選手の育成はどうしても時間がかかるもの。

安易に外国人選手獲得に走り、
せっかくの若手の成長を妨げるような事は、
なるべく避けてもらいたい。

今のベイスターズの最大の問題点は
低迷期間が長期的になっているにも関わらず、
若手の台頭が多くないこと。

これは単にフロントのチーム運営に一貫性が見られないがため。
即戦力選手のドラフトや新外国人で、
チームの中心選手を獲得することは宝くじに当たるようなもの。
確実性がないものに資金を費やす分、
若手の育成面でしっかりとしたバックアップが出来ていない。
筒香に付きっ切りで指導をしていた、
鈴木尚典コーチを解雇したこともその一端。

時間のかかる育成を面倒がらず、
コツコツとチーム力を上げる努力をしてもらいたい。

とりあえず、筒香は今シーズン中の復帰は考えず、
怪我の回復に専念してもらいたい。
DeNA 4-4 広島 

(中) 荒波 .272
(二) 内村 .258
(三) 中村 .284
(左) ラミレス .308
(右) 小池 .226
(遊) 渡辺直 .291
(一) ルイーズ .204
(捕) 鶴岡 .194
(投) 小林太 



今日の先発は小林太。狭い平塚球場での一戦。
前回先発で今シーズン初白星をあげ
気持ちにも余裕が生まれて安定感あるピッチングを期待したいところ。

初回、荒波・内村の1・2番コンビの走力を活かし1点を先制。
2回に逆転されるも、裏の攻撃で相手エラーの間に同点に追いつく。

3回に2点を取り逆転に成功する。
しかし、4・5回と1点ずつ失い同点とされる。
結局、小林太はこの回で降板。
5回を投げ6安打4失点。攻撃陣の援護を活かしきれなかった。

試合はこのあと膠着状態に入り、
延長10回まで戦うも引き分けに終わる。
苦手広島とのホーム3連戦の初戦、
なんとか勝利して勢いを付けたかったが、
終盤8回以降は3者凡退と、広島のリリーフ陣に完璧に抑えられる。

明日以降、なんとか広島救援陣を打ち崩さなくてはならない。
1勝11敗1分けの対戦成績を挽回するために連勝を目指してもらいたい。

7/30に筒香が1軍登録を抹消される。
一部報道では、昨年5月から痛めていた右手首靭帯損傷が悪化との事。
これまで、我慢してシーズンを送ってきたが、
成績が残せないようでは、完治に向けて出直しとなっても仕方がない。

阪神の金本のように、試合に出場しながら、怪我を治すという荒業は
余程丈夫な体がないと選手生命を縮めるだけ。
打率が1割台で低迷している現状では
今シーズンの出場が不可能になっても、怪我を完治させ、
自分本来のスイングができるようになったほうが将来的にもプラス。

フルスイングできず、当てに行く打席を繰り返し、
長距離砲としての怖さが無くなれば、筒香の価値は半減する。
今回の怪我の報道が出てくるところから見ると、
首脳陣・球団は手術の方向を考えているように見受けられる。

あとは、本人次第か。
プロ入り3年目と、勝負を賭ける年としたかったのであろうが、
満足な打撃ができないのであれば、多少の遠回りもやむを得ない。

ファンもスラッガーとしての復活を期待している。
今シーズン絶望となっても本来の姿を取り戻すための
準備期間となるのであれば、問題ない。

今のような打席を続く方が、ファンの失望は大きい。
背番号「25」に恥じぬフルスイングを取り戻してもらいたい。

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。