ロースコアゲームを制しチーム初の4連勝。

user-pic
0
中日 1-2 DeNA 

(中) 荒波 .269
(二) 内村 .235
(三) 筒香 .221
(左) ラミレス .299
(一) 中村 .282
(右) 金城 .244
(遊) 梶谷 .182
(捕) 高城 .153
(投) 高崎 


今日の先発は高崎。
チームは引き分けをはさんで3連勝中と流れを掴みつつある。
連勝を伸ばすことは、勝ち味に慣れていないチームにとっては重要。
調子の裏おもてがある高崎。今日はどっちの顔が出るか。

初回は三者凡退に切って取るも2回にピンチを迎える。
連打と味方エラーでワンアウト満塁。
続くバッターをサードライナーに打ち取り難を逃れる。

味方打線は、3回にツーアウトから荒波がヒットで出塁すると
すかさず盗塁してチャンスを広げ続く内村のヒットで1点を奪う。

4回にはラミレスのソロホームランで追加点を奪う。
効率の良い攻撃で2点のリード。

高崎も再三ピンチを迎えるも要所を締める粘りのピッチング。
6回を投げて5安打1失点でマウンドを降りる。

7回以降はリリーフ陣が奮起。
藤江→加賀→山口が1回ずつをそれぞれ三者凡退に切って取りゲームセット。

横浜DeNAベイスターズになってから初の4連勝。
先発高崎も6勝目を手にする。

チームは中日よりも少ない5安打ながらも、
相手の土俵とも言えるロースコアゲームを制する。
今日のような試合運びをチームの色とすれば、
勝率を4割に上げることは難しくはない。

今シーズンはすでに勝率を4割に届かせることはできないが、
少しでもプロチームらしい成績を残してもらいたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takesi-ymd.com/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/391

コメント(3)

| コメントする

Hey, thanks for the blog article.Really looking forward to read more. Much obliged.

permethrin toxicity in cats bessant

I'm pleased that I seen this website, precisely the proper information that I was trying to find!

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理人が2012年9月28日 00:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「終盤打線爆発!引き分けを挟んで3連勝。」です。

次のブログ記事は「背信、守護神山口2暴投で自滅。負けに等しいドロー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。