ロードカナロア!電撃GⅠ初制覇レコードV

user-pic
0
電撃の1ハロン戦でGⅠを連覇しているカレンチャンが一番人気に押された一戦。
高速馬場の中山でレースはハイペースで展開、はじめの3ハロンを32.7秒で入る。

一番人気のカレンチャンは道中3番手集団と絶好の位置取り。
直後にロードカナロアがマークする形で続く。
レースはハイペースのまま進み、最終コーナーに入る。

ここでカレンチャンがスパート。
一気に先頭に躍り出るとこのまま後続を引き離しにかかる。
しかし、1頭このラストスパートに食らいつく。

2番人気に押されたロードカナロアが絶好の手応え。
完全に勝ちパターンに入った電撃戦の女王を外から並ぶと、
ゴール前で見事に差し切る。

カレンチャンの上がり33.7を上回る33.4の脚を繰り出してスプリンターステークスを初制覇。

1・2着は安田調教師が管理する同厩舎所属。
序盤レースを引っ張ったダッシャーゴーゴーも安田厩舎所属馬。
レコードタイムとなる1分6秒7を記録したレースを支配。
鉄壁の布陣でスプリント戦に君臨する。

関東馬に関しては3頭出走するにとどまり、いずれもフタ桁人気。
6着に入ったサンテカルロが最高着順。掲示板に乗ることすらできなかった。

いよいよ開幕した秋競馬のGⅠレース。
関東馬の台頭が見られるのか注目してみたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://takesi-ymd.com/movabletype/cgi-bin/mt-tb.cgi/395

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理人が2012年9月30日 20:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「王、5回ツーアウトから11失点。連勝もストップ。」です。

次のブログ記事は「ベイ連敗。ベテラン藤井粘りきれず。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。