マリノス・日本代表の最近のブログ記事

延長後半、あまりに美しすぎるボレーシュートが敵陣のゴールネットに突き刺さった。

アジアカップ2011・カタール大会決勝
日本1-0豪州

終始、オーストラリアのロングボールに苦しめられ、
押されぎみでの120分を戦い抜いた日本代表。
4度目の戴冠は最多となり、名実ともにアジアチャンピオンとなった。

スタジアムは日本寄りの雰囲気で行われていた。
ゲーム自体も悪質なファールは見られず、すばらしい好ゲーム。
アジアNO.1を決めるのにふさわしい選手たちのフェアな姿勢は
決勝の舞台をより価値あるものに高めてくれた。

記憶にも、記録にも残る歴史的な勝利である。
李の決勝ゴールは今後忘れることはない。
ここまで完璧なボレーシュートを
決勝戦延長という最高の舞台で見ることができたのは、
感動のひとこと。

やはり、アジアカップはアジアの国が手にすべきもの。
日本の勝利はアジアサッカー界のプライドを守ったとも言える。

試合内容は、ワールドカップ南アフリカ大会でもみせた
我慢して、失点をせず勝利に近づく守りを固めたもの。

香川の代役で入ったMF藤本を
空中戦に強いDF岩政に代えて試合内容を落ち着かせ、
延長ではFW前田との交代でピッチに立ったFW李が決勝ゴール。
ここまで見事な試合コントロールができる代表監督は
過去にいただろうかと思い知らされてしまうほどの
イタリア人ザッケローニの名采配ぶり。
終了間際に右サイドDF内田に代えて、
本業センターバックの伊野波を投入するあたりは、
まったくもって悩ましいほどの指揮者ぶり。

防御を固めてから戦いに臨むのはセオリーとはいえ、
やはり、カテナチオの国で培われた感性があるのだろう。
冷静に試合を分析して布石を張る姿はとても頼もしく見える。

今日の勝利はこの先、オーストラリアと戦ううえでも、
非常に価値あるもの。
ワールドカップ・ドイツ大会での敗戦から、
相手に『組み易し』の印象を持たれていた事を考えれば、
その精神的アドバンテージを覆すことができた。

さらに、オーストラリアチームの若返りが遅れている点。
今後の対戦を恐れる心配材料は無くなったともいえる。

今回の日本代表はチームの成長と結果をものの見事に融合させた稀なケース。
今年は南米選手権・コパアメリカにも招待されている。
アジアチャンピオンとして胸をはって挑む事ができるのがとても誇らしい。
ここで得られるであろう経験は、アジア各国に対して、
大きなアドバンテージともなるであろう。

さて、その時ピッチに立っているのはどの選手なのであろう。
優勝チームの選手たちが決して日本代表のレギュラーとはいえない。
それが選手層が厚くなったことの証でもある。

センターバック陣は特にそう言える。
しかし、中沢・闘莉王のパックアップすら満足に用意できなかった
南アフリカ大会を考えれば、
この先、2人のレギュラーが保証されたものではないと
脅かす若手が出てきた事はうれしい誤算。

アジアカップを手にした事で、今後、国際試合での
マッチメークも組みやすくなるだろうし、
コンフェデレーションカップへの出場権を得られた事は
次回ワールドカップ・ブラジル大会への
道のりが格段に明るくなった。

日本代表が常に目標を持った状態で戦えるスケジュールを手に入れた。
ただの親善試合でも価値あるものに感じられる。
そういった意味でも、今大会で勝ち得たものは、計り知れない。
次の代表戦はいつあるのだろうか、
待ち遠しく感じられるのが、とても幸せである。

日本がアジアカップ準決勝で韓国とPK戦の末、
見事に決勝進出を決めた。

試合内容は、中2日の韓国がガス欠の恐れからか、
前半は受けて立つ内容。
日本の小気味よいパス回しで、押し気味で試合に入る。

しかし、この試合は、主審の笛によって台無しにされる。

前半、不可解なPKを取られ、先制されるも、
見事なパス回しで、すぐに同点に追いつく。

後半に入り、体力勝負の肉弾戦の様相が強くなると、
徐々に押され切みの展開。
日本は綺麗にパス交換をしながら、
韓国よりも多くの決定的な場面を演出。

ロングパス頼みの韓国に対して、
GK川島の飛び出しが遅く、何回かバックスとの呼吸が合わず、
目を覆いたくなるプレー。

ここらへんは、決勝ではきちんと修正して欲しい。

後半は得点が入らず、試合は延長戦へ。

延長前半、またしても、不可解な笛が鳴る。
試合の後味を悪いものにしてしまう、最悪のレフリング。
ひとつだけ良かったのは、今度は恩恵が日本にもたらされた事。

多分、韓国の人達は収まりがつかないであろう事とは
簡単に想像される。
それは、こちらも同様の目に試合前半であっていたから。

うーむ、決勝トーナメントからは、
アジア以外のレフリーを派遣してもらっても
いいんじゃないのかなぁと、考えさせられる。
正直、これは情けない。

棚ボタでもらったPK。
しかし、本田のキックは弾かれる。
唖然呆然も、途中出場の細貝がなんとか
押しこんで、難を逃れ、この試合はじめて先行する。

あとは、なりふり構わずコーナーポスト付近での時間稼ぎ。
カテナチオで、このまま試合を終わらせてくれれば、
恰好もつくのだが、残念ながら、セットプレーからの
こぼれ球を延長後半終わり間際に押し込まれてしまう。

・・・これは、ちょっと、ばつが悪い・・・

これからの日本代表は、守りに自信を持って試合に臨む、
その土台作りが昨年のW杯南アフリカ大会からの流れ。
そう、認識してきたからこそ、面白みが欠ける試合でも
結果がすべてと言い聞かせてきたところがある。

それだけに、終了間際に同点に追いつかれるのは、
ドッと押し寄せる喪失感が半端ない。

選手には残酷すぎる展開でのPK戦突入。

この流れでPK戦となると、最悪の雰囲気。
最初のキッカー・本田がゴールを決めるまで、
まったく勝てる気がしなかった。

ここで、GK川島が敗戦濃厚なチームの舵を
勝利に向けて取り直してくれた。
なんと、(失礼ながら)思いも寄らぬ、好セーブ。
PK戦で一度もゴールを許さずに3-0の勝利!

ここ一番で試合中での不満点を一掃してくれる大活躍。
飛び出しが少ない、ゴールラインべた踏みの本領が、
PK戦での大当たりを生んだのか?

なんにしても、韓国戦での勝利は04年中国での、
あのアジアカップ以来。

まぁ、正直、
親善試合や、3位決定戦での勝ち負けなんかは、
今日のようなガチで戦う試合での勝ち星に比べたら、
まったく意味のないようなものなので、
連敗中とかいわれてもあまり関係がない。

なんだかんだで、日韓戦、
ここぞの試合ではきちんと勝ってくれている。
マスコミが言うほどに韓国に苦手意識を持たなくても
いいのでは、と感じてしまう。

神風が吹いた04年のアジアカップが彷彿とされるのは
チームにいい風が吹いてきた証拠。
週末の決勝戦が楽しみでならない。

まさか、ここまで気持ちが盛り上がってくるとは
思いもよらなかった、今回のアジアカップ。
マリノスの選手の出場がゼロとあっては
それも仕方がないのだが、
やはり、勝利の味は格別なのだろう。

あとは、守りの要のセンターバックの成長が待たれるのみ。
この戦い方で世界のトップを目指すのなら、
今大会のように簡単に
中央突破・ロングフィードからの展開などを
許してはならない。

決勝でセンターバックに誰を使ってくるのか。
吉田か、岩政か、今野のままなのか、
監督の信頼を得たのがどの選手なのか
注目したい。

アジアカップ2011・カタール大会
準々決勝
日本3-2カタール

速いパスを前線に当てて、うしろに落とす。
アメリカンフットボールのようにゲインを稼ぐ。
やがてはゴール前まで進み、チャンスを作る。

ファンタジスタが廃れていく現代サッカーを
象徴するような戦略でチャンスを作っていく
今回の日本代表。

流動的に選手がパス交換している時は、
とても小気味よくボールが回っていき
見ていて楽しいのだが、
終始走り回っている事などできる訳もなく
棒立ちに近い状態で受けに回ると
囲まれやすくキープもままならなくなる。

また、速いパスが滞った時、
気の利いたスルーパスの出し手がいないので、
前線の飛び出しの足元にピタリと合わせるシーンも
見られなくなってしまった。
すこし寂しい感じもするが、
このサッカーで本気で世界のベスト4を狙うというのならば、
今が日本サッカーの分岐点なのであろう。

今日のような、防御力・組織力の落ちる相手だと
誤魔化しも効くが、
韓国・豪州あたりにどれだけ通用するのかは
まだ、未知の状態。
そういった意味で次戦・準決勝にコマを進めたのは価値がある。

韓国vsイランの勝者との戦いとなるが、
ここは、韓国に勝ち進んで東アジアの実力を示してもらいたい。
アウェーの東アジア勢がベスト4に半分、残ることは
今後の覇権を占ううえでも重要である。

他国で韓国と戦うことはほとんどないので、
いつもの戦いとは違い、とても興味深い。

それにしても、大変な代償を払うことになってしまった、
センターバック吉田の後半15分での退場。
1点は股下をぬかれ、2失点目のフリーキックの原因を作ってしまった
よけいな報復行為。
今大会ではオウンゴールをしてみたり、ゴールを決めてみたり、
何かと目立ってしまったが、
まだ代表のレギュラーには一歩足りない感がある。
中沢・闘莉王コンビの一角を脅かすにはまだかなりの時間を費やしそう。

一番の問題は、残りの30分をイレブンが
10人で戦わなければならなかったこと。
キーパー以外はほぼ1割増しの疲労を負うことになった。

トーナメントで体力の消耗が大きいほど、
勝ち上がって行く事は困難となることは明らか。
実力通りであるならば、
残り2戦は『韓国』→『豪州』が予想される。
アジアカップを手にするために、
今日の退場が致命傷にならない事を祈るのみである。

日本散る

user-pic
0

2010ワールドカップ南アフリカ大会
日本vsパラグアイ
PK戦の末、敗れ去る...

ここまで来たら、なんとか勝ち抜いて欲しかった。
愚直に守備に徹して、そして結果を出してくれた日本代表。
この試合もプラン通りに進めていた。
日本の最終ラインの壁は破られることはなかった。
この戦い方は世界に通用したのだと胸を張って欲しい。
それだけに、ベスト8で強豪国相手に試させてみたかった。

うーむ、
PK戦は現在Jリーグでは実地されていない。
Vゴールと呼ばれた延長戦を導入していた時代はPK戦をやっていた。
日本が守り重視で"PK戦上等"の戦法を尊ぶならば、
Vゴール・PK戦の復活を考えてもいいのでは・・・
リーグ全体で普段からPK戦に慣れておくのも必要かなぁと。
PKの得意なキッカー・ゴールキーパーの養成は、
専守防衛を目指すには避けては通れそうもない。

それにしても、見事ここまで勝ち残ってくれた日本代表。
こんなにもワールドカップを長く楽しむことが出来たのは、
開幕前には予想だにしなかったこと。
それだけに喜びも大きかった。
サッカーの見方をガラリと変えるそんな衝撃的な南ア大会でした。
「サッカー観が変わった」と言えるほどサッカーに精通していなかったのかもしれないが...
岡田監督は当初の予定どおり辞任してしまうのだろうか。
もし、辞めてしまっても今回成功したこの戦い方を
しばらくは日本の戦術のフォーマットとして、継続してほしい。
どこまで高みに登れるのか、
どれくらい日本人の本質に適合したものだったのか、
現実的サッカーの極みを、可能性を、
是非見てみたい。
90分継続した守備力を日本協会でも愚直に貫き通してほしい。
面白いサッカーでファンを虜にすることも大事なことではあると思う。
しかし、今大会で"勝ち進んでいく楽しさ!"に目覚めてしまった。
次の試合に希望が持てるのはやはり、勝ち抜いてこそ。
「つまらない」、「サッカーは死んだ」などと感じる人もいるかもしれないが、
ファンタジーはひとまず強豪国に任せて、
守りのサッカーで世界に認められる存在を目指すべきだと思う。

恥じることはひとつもない、すばらしい日本代表でした。
ほんとに、ありがとう、サムライブルー。
でも、最後に玉田・中村憲を投入するあたり、
岡ちゃんも情にもろいのかなぁと感じました。たまたまかな?

90分間を戦い抜いて0-0のまま延長戦に突入。
まさに、息が止まりそうな緊張感あるすばらしい試合展開。
延長戦前半はまた、防戦に回りそう。
カウンター一撃を決めて欲しい。
守り抜く美学を魅せてくれ。日本代表!!

2010ワールドカップ決勝トーナメント1回戦
前半 日本 0-0 パラグアイ

よしよし、いい塩梅いい塩梅。
前半をスコアレスでやり過ごすゲームメーキングは
予定調和のような見事な指揮者ぶり。
カウンター勝負でチャンスも数回作っていたので、
相手パラグアイも平穏ではいられない。
予選リーグでの戦い方もボール支配率は60%を与えていたので、
日本チームは慣れたもの。
攻め込んでいるのに点を取りきれないパラグアイは
いつもの守備重視の展開でないだけにあせりを生じそう。

日本は延長戦・PK戦まで視野に入れた試合運びを考えてもよい。
日本のサポータも納得できるだろう。
一方パラグアイ国民の心情としては90分で決着をつけて欲しいだろう。
選手もその気でいそうなので、じらして、じらして、じらしつづけて、
ワンパンチを狙いたい。
この調子!ニッポン!!

う~む、韓国が負けてしまった。
相手のウルグアイのリードしてからの試合運びは、
今大会の日本代表が目指す形を体現してくれていた。
同点にされてからのウルグアイの攻守の切り替え方、
突き放してからのプレスの効いた守備体系。
参考になるのではないかなぁ。

日本のトーナメント初戦の相手パラグアイとは、
共に守備から入る様子見から始まるのか、
ギア全開で先取点を狙いにいくのか、
試合の立ち上がりに要注目です。
日本もパラグアイも先取点さえ取れれば、
守備を固めたカウンター狙いに徹する事が出来るため、
主導権を握り、勝利に近づくことができる、
そんな守備に重きを置いたチーム。
南米の意地で、日本相手に守備的に戦えるか!と、
躍起になって攻めてきてくれた方が、
今の日本代表にはペースをつかみやすい気がする。
南米のサッカー中堅国は極東アジアの1国をどのように見ているんだろう。
そういった興味も湧いてくる。
それもこれも、ノックダウン方式の本戦まで駒を進めることができたから。
いろんな意味で今回は絶好の機会を手に入れた。

日本は守備を固めて、相手に点をあたえない試合運びで、
後半終盤まで試合を進めて欲しい。
亀のように固まって、ワンパンチで倒すやり方が、
どこまで通用するのかを見てみたい。

先取点を与えると、オランダ戦後半のようなジリ貧になりそうで怖い。
点を取れなくても奪われない戦術を今回は極めて欲しい。
守りが堅い方が日本人の気質に合うのか確認したい。
アジアではほとんど試すことのできない戦略ゆえ、
結末まで堅守で戦って未来の道筋を見つけて欲しい。

圧倒的な守備からのチームでも、勝ち残る喜びを与えてくれた
2010年の日本代表。
いい形は作れたんですが・・・予選敗退
現実路線で創造性に欠けるが・・・本戦進出
内容よりも結果を出した方がはるかに楽しいということを
教えてくれた岡田ジャパン。
望むべくならば、大国とのガチンコ勝負まで勝ち残って欲しい。

日本組織の頑なさをみせてくれ、
がんばれ、ニッポン!!

2010ワールドカップ南アフリカ大会第3戦
日本 3-1 デンマーク
決勝トーナメント進出決定!!おめでとう日本代表!!

いやはや、大会に入ってからのチームの成熟度が半端なくデカいのか。
チーム一丸の雰囲気がとても心地よく、見てる側にまで漂ってくる。

どんなスポーツでも、まずは主導権争いから始まるものだが、
今日の日本は試合前からがっちりそれを握り続けた。
どんなに、攻め込まれようが、ボール保持率が40%を割ろうが、
試合そのものは支配し続けた。
見事の一言。

やっぱり勝負は勝つからこそおもしろい。
応援しているからこそ、必死に守り抜く姿に感動する。
アジアでは追われる立場なので、
攻撃的なチームとなり、
世界では、日本人に合った専守防衛を掲げた戦術。
さすがに、すぐにシフトチェンジはできなかったのか、
試行錯誤の中、今大会で結果を出したことは大きい。
日本代表のスタイルが見えてきたのかな。

次はパラグアイ戦。
幸か不幸か、イタリアがまさかの予選敗退。
イタリアほどには、試合前から主導権を握られる相手ではない。
この予選で獲得した戦術で、戦い抜いて欲しい。

いやぁ~サッカーってこんなに面白かったんだ!

前半おわって、日本 2-0 デンマーク
こんなことってあるものなのか。
日本代表はここにきて、日本人にもっともあった戦術を手に入れたのか!?

島国日本は専守防衛の国。
ファンタジーをあきらめて、守りを厚くしたフォーメーション。
狩猟民族ではないので、前から前から追いすぎずに、
撒き餌した場所に絶妙に誘い込み、
そして、釣り上げる。
農耕民族とともに、海洋民族でもある日本。
まさに民族性にマッチした戦い方。

遠距離から長竿で獲物を釣り上げる見事な漁獲量。
ここから3点は相手が横綱級のチームの攻撃力を持ってしても苦しかろう。
ただの2-0ではない、こつこつ積み上げてきた成果が生かされる時!
守り抜いて、次のステージへ!

イタリアが散った!?

イタリア 2-3 スロバキア
なんと、開催国南アフリカ、前回準優勝のフランスにつづいて、
前回ドイツ大会の覇者までが予選グループで敗れ去る大波乱。

これは・・・
もしかして、今大会はサッカー界で地盤沈下が起こり始めているのか?
前向きに考えて、日本代表は決勝トーナメント進出すれば、
組み合わせ次第でまさかの岡ちゃんのマニフェスト達成があるのか?

とりあえず、劇的な試合でなくていいから、
目先の勝ち点1を狙った試合運びをしてほしい。
死守、シシュー!! 日本代表!!

韓国がアジア勢の先陣を切って、
招き猫・虎柄.jpg1次リーグBグループを2位で勝ち抜け。おめでとうございます。


ニッポンも
ガンバレ
にゃ♪

しかも、引き分けで突破を決めるあたり、日本にもご利益ないかなぁ、と思わせる似たような展開。
なにより、アジア勢(特に東アジア)の実力を示しておくことは、今後W杯の出場国のアジア枠数を堅持していく上でも絶対必要な事。

デンマーク戦、引き分け以上で予選リーグ突破!
ここまできたら、神頼みでもしたい気分です。

それにしても、開催国
南アフリカの予選敗退は
残念でした。
大会の雰囲気がシュンと
しちゃわないか、心配です。
ブブゼラの音量を少し加減してくれるかもしれませんが、
お祭り騒ぎの喧騒は
続いてほしい限りです。

理想的な展開

user-pic
0

デンマーク 2-1 カメルーン。

これで、日本は最終戦に引き分け以上で決勝T進出という、
願ってもない状況になりました。
この好機を是非ものにしてほしい。

 やっぱり、ゲームは次のステージに進んでこそ、おもしろい!
その可能性をデンマークよりも多く残している日本代表は、
素晴らしい!!

順位 チーム 勝点 試合 勝数 負数 引分 得点 失点 得失点差
1 オランダ 6 2 2 0 0 3 0 +3
2 日本 3 2 1 1 0 1 1 ±0
3 デンマーク 3 2 1 1 0 2 3 -1
4 カメルーン 0 2 0 2 0 1 3 -2

理想的展開.jpg

オランダ戦黒星

user-pic
0

第2戦 日本 0-1 オランダ
勝ち点を稼げす。

無念の初失点。
ミドルシュートをキーパー弾き切れず。
川島の悔しがりようから、クリアできたのかなぁ。
横っ跳び正面のボールが少しぶれたのか
懐をかすめてそのままゴールネットを揺らしてしまった。
本当に無念。

後半途中から俊輔投入も、見せ場つくれず。
得意の飛び道具も使う機会なし。
玉田、岡崎の同時投入も実らず。
長谷部、2戦連続で途中交代。
これがデフォなのか?
スタミナ尽きるまで走り回っているのか、
体調面に問題は無さそうだし。

ロスタイム、岡崎のシュートが最大のチャンスだった。
オランダ自体、チャンスはほとんど作れなかったし。
それを考えると、惜しいともいえるし、
得失点差から同じ負けでも
傷は最小限に控え大敗せずよかったとも考えられる。

う~む、俊輔は全力疾走できない状態なのかなぁ...
後半終盤なのに遠藤のプレッシングの方が迫力あったし。

順位 チーム 勝点 試合 勝数 負数 引分 得点 失点 得失点差
1 オランダ 6 2 2 0 0 3 0 +3
2 日本 3 2 1 1 0 1 1 ±0
3 カメルーン 0 1 0 1 0 0 1 -1
4 デンマーク 0 1 0 1 0 0 2 -2

 

次戦・デンマークとの試合ですべてが決するのか?
いや、カメルーンがデンマーク戦に大勝されるとやっかいなことに...
しょぼい0-0の凡戦になれっ!
もしくは、デンマークが1-0(1点差)で勝て!
なんとか、次戦引き分けでグループリーグ突破できる形になれば、
ディフェンス固めてカウンター狙いの今回の日本の戦い方にフィットする、
理想的な展開になる。
死守、シシュー!!と叫びたおす試合希望。
デンマーク-カメルーン戦から、目が離せないっ。

2010ワールドカップ南アフリカ大会・日本第2戦
前半 日本 0-0 オランダ

決定的シーンは作らせなかったディフェンス陣。
ボールを回させている状態なら、
後半のガス欠も心配なしだけど、
オランダが体力温存作戦だとしたら
ちょっと怖い。

ひらきなおって、籠城作戦で守り抜いてほしい。
あとは1本のスルーパスでカウンターがハマれば、W杯ロゴっぽいもの.jpg
もしかして!?

それにしても、オランダ、思ったよりも背が高くないんだなぁ。
最後、コーナーやらしてよっ!

岡田ジャパン、ワールドカップ初勝利!!
  日本代表初勝利.jpg日本 1-0 カメルーン

岡ちゃん、
12年かかっての念願の勝ち点3。
アウェーでの勝利は本当にすごい。
ブブゼラは正直、
ボーソー族みたいでうるさいが、
なんか、中国でのアジアカップの喧騒を
思い出す。
あの時の様な雰囲気になってくれば、
期待以上の結果が訪れるかも。

それにしても、
終了間際のミドルシュートが
ポストを弾いた時は、
魂を持って行かれそうになった。
それに"4分"は長いよ!ロスタイム。

スタジアムをキレイキレイして家路につく
日本サポーターの姿に感心しつつ、
歴史的1勝を堪能しました。

 

魂レボリュ~ション♪

2010ワールドカップ南アフリカ大会・日本初戦
前半 日本 1-0 カメルーン での折り返し!

すばらしい!!

先取点を取ったチームは必ず勝ち点をとれているとの事。
このまま、粘り切って欲しい。
できれば、勝ち点3が欲しい。W杯ロゴっぽいもの.jpg
カメルーンはこの試合を落とすようだと、空中分解しそう。
そうすれば、次戦次第で予選グループ突破も!?

カメルーンをファールトラブルで追い詰めろ!!
高地トレーニングの成果がでてくれればっ!

日本1vs2英国(親善試合)

闘莉王の先制ゴール。

後半まで粘るも、闘莉王・中沢のオウンゴール2つで敗戦。

攻めの形が見えてきたのか、イングランドのコンディションがいまひとつだったのか、

先の韓国戦よりは希望の見える試合でした。

しかし、俊輔の出番なし。けがの影響なのか、レギュラー落ちなのか。

ゲームキャプテンも中沢から長谷部に交代。マリノスファンには複雑な試合でした。

いや、しかし、井原のダイビングヘッドOGを思い出すほど美しいものでした。ダイビングヘッド.jpg

  

Jリーグカップ

user-pic
0

Jリーグカップ 横浜3-0湘南でマリノス勝利。サッカーボール.jpg

NHK-BS・Jリーグタイム視聴中。

Jリーグカップってなんだ?!

ああっ、ナビスコカップのことなのか。

つねづね思うが、日本代表のウォーミングアップ時に着用しているユニフォームがカッコいい。

白地に大胆に黄金色をあしらったもの。

日本代表ウォーミングアップ.jpg紺色がアクセントとして使われていて、

なんか強そうに見える。

あれ、せめて、セカンドユニフォームに

ならないかなぁ・・・

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちマリノス・日本代表カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはベイスターズです。

次のカテゴリは競馬です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。